忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
05

1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

近大出身の身内もいれば、友人も知り合いもたくさんいます。
 
 
<近畿大>ボクシング部廃部、逮捕の2人無期停学…強盗事件
近畿大ボクシング部の部員2人が強盗容疑で逮捕された事件を受け、近大は18日、ボクシング部を同日付で廃部し、2人を無期停学処分にすると発表した。起訴されれば退学も含めて検討する。近大総務部は「事態を真摯(しんし)に受け止めるとやむを得ない」と廃部の理由を明らかにした。
 
 
 
廃部は厳しい?

犯人や関係者が在日だ?

パチスロの金欲しさだからパチスロが悪い?

真面目にやってる部員や、OBはかわいそう?
 
 

いや、被害者がかわいそうです(笑)


起訴されれば部員の退学はもちろんのこと、部は永久廃部でもいいんじゃないでしょうか。
 
 
で、近大のコメント。
 
 
近畿大学ボクシング部ならびに部員2名の処分について
 

強盗容疑による本学学生の逮捕に関するお詫び(6/17)
フェアプレー精神とルール遵守を重んじるべき格闘技に打ち込む若者が、強盗という卑劣な犯罪行為に手を染めていたこと、このような事態を防げなかったことに、大学として、大きな責任を感じております。
 
 
礼儀とか節度とか・・・人間形成をする場なので、これが普通だと思います。
 
 
拳を握って戦うという、一番単純でおそらく二足歩行をして以来の一番原始的な戦闘方法に端を発したものがボクシングであるならば、スポーツの中でも最も礼節が必要であるのは当たり前じゃないかと思います。軽い処分で放っておけばボクシングの信頼の失墜になっていたように感じます。
 
 
で、このボクシング部員たちは、あの三沢が仮にガチンコでやれば3秒でおわるでしょう。
というか、勝ち負けはどうでもいいです。
 
 
いや、表面的強さはどうでもいいと言い換えたほうがいいかもしれません。
 
 
問題なのは訓練や試合を通じ、どれだけそのスポーツ選手、いわばボクサーやプロレスラーの精神がその心と対峙し磨かれているのか、その心が鍛えられているのか、どれだけ国民やファンの範たる精神力が発揮されたのか、つまり、「ハラ」という部分を皆が見ているのです。
 
 
よく、心技体と言います・・・・・・、
 
 
だから、三沢選手の死を悲しむ人が多いのだと思います。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
追伸:
 
おはら氏(私が勝手にプロレスの師匠と思っている)、引用させていただきます。
 
 
三沢は頑なに「夢とハッタリって別物じゃん」と自分の意志を貫き通し、ファンタジーの代わりに妥協のない限界一杯の試合を見せ続けた。三沢光晴という人は、徹底的なまでにリアリストだったのだ。
 
安易なファンタジーという名のハッタリ・嘘でファンを騙すのではなく、1試合ごとに自分の肉体と能力を「これ以上はない!」 というところまで使い切って、その現実だけでファンに夢を与えたのである。
 
「レスラーの仕事はリングで試合をすること」 とG馬場の教えを忠実に守り続けたのだ。
だからこそこの結末は悲しいなんてもんじゃない。
 
三沢は決して聖人君主ではなく、ダメなところもスケベオヤジなところも山ほどある。だが常に自然体で、常識という命綱を外さなかったから、何か問題が起きてもあまりダメージを受けなかった。どちらに理があるか比べるまでもないからだ。

今回のあまりに不幸すぎる事故は、プロレス業界から "良心・常識が失われた" という最悪の事態なのである。
 
"三沢がいない" という現実に危機感を感じられる業界人が増えてくれれば、起死回生の大改革が出来ると思うんだけど……。

三沢の死を無にするわけにはイカンのだから、せめて 「三沢の死によって目が覚めた!」 という流れに持って行きたいんだよなあ。単に損失ってだけじゃ、三沢だって死んでも死に切れないだろ。
 

・・・・・・・・・・


本当に緑が似合う人でしたね。
PR
「千葉県産のスイカから滴るジュースは『青春の汗』だ」
と森田千葉県知事が言っております。
このオサーンは何を言っているのでしょうか。


ということで、まず、お知らせです。
 
 
「虹の会の公式ホームページ」のリニューアルも着々と進んできたようです。
すっきりとした感じで、非常に良い感じです。
しのぶちゃんのGJです!もちろん、私には真似できません(笑)
 

・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
6/9のミヤネ屋で北朝鮮関連の話題を取り上げている中で元料理人の藤本氏と宮塚利雄山梨学院大学教授が出ていたのですが、突然、コメンテイターの松尾貴史氏が、
 
 
「宮塚先生、胸の青いバッチは何ですか?」と聞きました。
 
 
宮塚教授は、話の流れとは関係のない質問だったこともあり、「拉致問題の~」と受け流していましたが、見ていた私は愕然としました。ブルーリボンバッジです。
 
 
私は彼(松尾貴史氏)と某ブログ女王のきっ○(←最近は全く読んでいない)が仲良しということ位しか知りませんでした。漠然と、ウンチ、いやウンチクが山盛りの人かなと感じていました。調べてみると、頭が良くて色んなことに対して造詣が深く一家言もっていると書いていました。
 
 
元々、無関心というやつで、特に彼のことは好きでも嫌いでもなかったのですが・・・
 
 
別に、うんちくブックという本を出すのはいいし、事務所が古館プロジェクトだってかまいません。北朝鮮関連の特集をしている番組で北朝鮮批判をして偉そうに北朝鮮のウンチクや歴史を語るのも勝手です。
 
 
だったら知っておけ、と。彼が、拉致問題について何にも考えてないことや、何も感じていないことだけは分かりましたので、今回は腹が立ちました。そういう人もいる、ということですね。
(※「キッチュ」はドイツの美術用語で「まがいもの・粗悪品・俗悪趣味」などを意味するらしい)
 
 
語弊があるかもしれませんが、一般の人が知らなくても今回のように私は感じなかったと思います。というか、「知らなければ知ればいい」と思うだけなのですが、彼の場合は別でした。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
と、ぼやいて、気分を害された方もいらっしゃると思いますので、ちゃんとしている人も紹介して終わろうと思います。
 

----------
 
凛とした生き方(金美齢特別講演会)
~もっと輝け日本の女性達~
 
混迷の時代に生き抜くための女性のあり方とは
テレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)「たけしのテレビタックル」(テレビ朝日)をはじめ、新聞、雑誌辛で辛口コメントや歯切れのいい話しぶりが人気の評論家、金美齢さんが、世界大不況下、混迷の時代に生き抜く女性のあり方を語ります。
「他人に頼らず、自分の人生は自分で決める。」家族、地域や社会とつながり深め、「常に誰のために生きているのかを考える。」など、日本の心を大切にする人生哲学を披露、日本女性にエールを送ります。
講演会の収益の一部は読売光と愛の事業団に寄付します。
 
日時:8月8日(土)14:00~15:30
受講料:2,500円
会場:太閤園(大阪市都島区網島町9-10) 400名
・JR東西線大阪城北詰駅(3号出入口)より徒歩1分
・京阪京橋駅(片町口)より徒歩7分
・地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅(2番出口)より徒歩5分
 
 
 
----------


今回は女性向けのようです。カップル・ご夫婦でもどうぞ。

最近、家庭で話題になるとてもしょうもない話があります。
 
 
『TBSの(番組)宣伝が酷過ぎる』
 
 
ということです。
 
 
ひとつはキムタクの出ているドラマ。「そこまでしないと数字取れないのか?」という位、出演者を総動員させ番宣をやっていたようです。これが脳科学なのかと・・・。
 
 
あと、ルーキーズ。メンバーがいやらしいほど同局の番組に出ている様子。これもやり過ぎ。我が家では(=嫁曰く)、原作等の内容に関わらず、「それだけで嫌、ウンザリ」と言われる始末・・・・・。この二つ(←これだけではないようですが)をみても、亀田の頃から何ら変わっていませんね。
 
 
TBS、視聴率ピンチ 1ケタ続出、大幅改編が裏目に…
TBSは4月から大幅な番組改編を行ったが、すべての番組の視聴率が1ケタという日が数回記録され、早くもピンチに立たされている。
 
 
で、裏目裏目に出るのは何故?
 
 
「しょっぱくてすみません」とコメントしとけ、と。
 
 
洒落にならない変態行為(←褒め言葉)はあまりオープンにしないほうがいいと思います。現実社会では非難されますし、自殺行為でもあるからです。変質者に優しい弁護士さんなら精神鑑定請求をしてくれるかも知れませんが・・・。法治国家として具体的な行動に打って出た瞬間に「シャバよサヨウナラ、牢獄よコンニチワ」。こんなことは皆が知っていると思っていました。今回の一連の行為も「みだらな行為」(←褒め言葉)と言って差し支えないのではないかと思います。
 
 
そして、こちら。(↓)
 
 
TBSのトチ狂ったような番組宣伝に視聴者が呆れている
 
 
以下の記事内容に出てくる碓井広義教授は仕事でメディア論を扱われておられ、変な人を見かけたので職務質問をしたのでしょう。


その結果は・・・・・
 
 
「電波の私物化にもほどがあります」と、東京工科大の碓井広義教授(メディア論)は、こう続ける。
「テレビ放送は免許事業で、電波は国民のものです。それなのに、テレビ局は“自分のところの電波なんだから、宣伝に使ってもいいだろう”と考えている。一般企業は莫大なお金を払ってCMを流しているのに、テレビ局が自局の宣伝をタレ流しているのはおかしいし、視聴者も完全に無視されている。視聴者にとって有益な情報を流したり、良質な番組を提供することが置き去りにされています。テレビ局が視聴率を取るためになりふり構わない姿勢を見直さなければ、結果的にテレビ離れがますます進むでしょう」
 
 
「TBS自体、『TBSは日本だけのものではない』という特アとの親和性を具備しているのは周知の事実ですが、本来、TBSはTBSだけのものではありません」という意味合いもあります。自己の利益のみを関心事として、目標の実現のために手段を選ばず行動しています。
 
 
一事が万事とオカンがよく言ってました。
嘘つきは泥棒のはじまりと上司がよく言ってました。
 
 
公共の電波を扱う企業として、また人としての常識を弁えない輩は「阿呆ども」と言われなければならないと思います。TBSの維持の脅迫観念にとりつかれ、すすんで退行をしているように見えます。
 
 
脳と心を結び付けるのであろう脳科学者(TBS)に、その精神は尊いのかも聞いてみたいものです。
 
遅れ馳せながら、先日(5/23)の件。
 
 
西村眞悟先生のHPより少し引用させていただきます。
 
 
『さて、二十二日の金曜日の夕方は、堺東の駅前で街頭演説。二十三日午後は、阿倍野で「虹の会」主催の改革クラブを支援する集会。二十四日夜は泉北ニュータウン御池台集会所で国政報告。本日二十五日早朝は南陵町交差点で朝立ち。』
 
 
常に国政での報告やご自身の考えを国民のすぐ傍にまで来て伝えておられます。
 
 
そして・・・阿倍野での概要はというと。
(※書けない事は書かない主義です(笑))
 
 
1.更迭すべきは「村山富市談話」だ。
日本は決して侵略国ではない。

2.拉致被害者の「実力」による救出。
決して被害者の「帰国」を犯人にお頼みするのではない。
我が国の「実力で救出」する覚悟を。その為に「強い日本」をつくろう。

3.「生活第一」ではない「国防第一」である。
拉致被害者の救出と北朝鮮のミサイルを如何に防ぐかに取り組むことなく、どうして国民の生活を守れるのか。まず、国民と国土を守る国防があっての国民の生活ではないか。
自衛隊を国民の軍隊に。国会で核保有の議論を。我が国は、敵ミサイル基地を先制攻撃する能力を保有せねばならない。
 
 
・・・・・・・・・
 
 
このままの日本では、中国との戦争が起こる可能性が高いという話もありました。
 
 
で、北朝鮮が核実験をしたことについては周知のことと思いますが、あらためて西村先生、三宅先生の言葉が蘇った次第です。
 
 
各メディアも北朝鮮を非難する報道をしています(一部メディアは北だけでなく日本も悪いという結論になっている)。まだ、街頭インタビュー等では国民の声が反映されていたように思います。
 

しかしながら、メディアでは「欠落」している部分を感じました。
 
 
そこを再確認する必要があると思います。
 
 
分かりやすく書かれているため、再度、西村先生のHPから一部引用させていただきます。
 
 
政府は、北朝鮮に対して制裁を強めるなど断固たる措置をとるとともに、拉致問題、核、ミサイル等、北朝鮮との諸懸案を解決すべく、国際社会の理解と協力を得つつ、外交努力を倍加すべきである」と結ばれている。
そこで、決議に言う「断固たる措置」とは何か。また如何にして「国際社会の理解と協力を得る」のか。この点について、述べておきたい。
 
 
以下、再確認すべき点ごとに引用しました。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
まず第一に、北朝鮮による拉致問題と核問題、この二つの優先順位を明確にすべきである。
拉致を優先するのか、核を優先するのか。
我が国は、拉致被害者救出を優先すべきである。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
北朝鮮の核問題は、我が国自身の次に述べる「断固たる措置」の決断で対処し得る。
しかし、拉致された被害者の救出は、放置すれば被害者である国民の命が絶える問題であり、一刻を争う現在進行中のテロである。この問題を放置することは、我が国が国民を守らない国家であって、即ち国家にあらず。「似而非国家」である。このことを世界に示す。周辺国と国際的テロリストは、このような似而非国家は、核や武力を用いなくとも富を奪い消滅させることができると判断する。つまり、拉致被害者の放置は、核攻撃とは比較にならない惨害、国家消滅への道を自ら開く。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
次に、決議に言う「断固たる措置」とは何か。
従来の制裁という路線上においては、まず、人・物・カネの遮断、「完全制裁実施」だ。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
次に、この完全制裁実施と同時に取り組まねばならないのは、当たり前ながら「軍事的措置」である。軍事的措置の無い「断固たる措置」はあり得ない。
では、「断固たる措置」とは何か。
言わずと知れたこと。我が国自身の核抑止力の獲得である。
これこそ、我が国に対して決して核の恫喝を許さない「断固たる措置」である。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
次に決議に言う「国際社会の理解と協力」を得ることであるが、それは、我が国が「断固たる措置」をとることを前提にしたうえで得られる。
・麻生総理は昨年秋、IMFに十兆円の出資を表明した。そこで、対北朝鮮制裁の実施をしない国に対しては、そのカネを使わせてはならない。
・さらに、国際社会が「理解」しなければその出資自体を引き上げるべきである。
・同時に、対北朝鮮制裁に協力しない国に対しては、ODAを含む如何なる支援もしてはならない。
・また国連が、北朝鮮にマッチと油紙を渡した国などにより機能しないならば、国連に出資金を渡してはならない。
 
 
―――――――――――――――
 
 
拉致問題を放置することは、我が国が国民を守らない国家であって、即ち国家にあらず。
核攻撃とは比較にならない惨害、国家消滅への道を自ら開く。
 
 
日本の国民はこのことに気づいているのか・・・メディアを通して見た場合、私には判断がつきにくい部分があります。気づいていれば、この言葉をどのように受け止めるのか。
 
 
西村先生は、師の「教育とは流れる水に文字を書くような作業である。しかし、それを石に刻むような真剣さで取り組まねばならない。」という言葉を時々思い出しながら、取り組まれているともありました。
 
 
国民の内側の見えない変化を推し進めるというのは難しいですが、はやく気づいて欲しい、知って欲しいという声なのだと私は感じました 。では、私たちはどうするのかと考えをめぐらせていたところ・・・
 
 
最後に壇上に立った二代目弥右衛門会長が丁度、「私たちにできる事は~」という話もされました。偶然じゃなかったと思います。
現在、関西といえば新型インフルエンザ。


専門的なことはさておき。


「マスクがない」と、知り合いの妊婦から電話があったので、以前から家にあった使い捨てマスク60枚をあげました。
 
 
薬局等の店の前を通る時など、注意して見ているとマスクが売り切れていますね。
 
 
しかし、嫁などは「マスコミが騒ぎすぎ!!」と怒っており、その余波を受けて私もマスクしていません、笑)


あげたので、無い!
 
 
で、例に漏れず、我が家のガキンチョも一週間休校になりました。
 
 
学校の先生は近くの公園なんかを巡回しているみたいですが、私自身、カラオケボックスから中学生位の女子がぞろぞろ出てくるのも見ました。
 
 
で、カラオケの次はユニクロに行く相談をしているのが聞こえました。


その後、そのご一行様はそれぞれの自転車に二人乗りして、かつ半分ケツを出した格好で走り去っていきました・・・・・。
 
 
もう、阿呆ちゃうかと。嗚呼、日教組、ゆとり教育万歳。
 
 
・・・・・
 
 
で、一方で、私が新学期から薄々感じていたのですが、ウチの娘の小学校の担任(20代半ば・女性)の右翼疑惑。
 
 
宿題をめっちゃ出します(笑)
 
 
連休とか、膨大な量の宿題(&嫁の家事等の手伝い)が出て、グズグズしていると遊ぶ時間もないようです。
 
 
で、今回の一週間の休校で・・・・・
 
 
一日、最低4~5時間は机に座っています。かつ、洗濯ものを干して、たたんで、食器を洗って・・・・・、やることいっぱいで、娘の「学校に行きたい」という言葉が分からなくもないって感じです。
 
 
で、他のクラスや学年と比べても宿題に関しては多いようで、生徒からはブーイングもあるようなのですが、「そんなの関係ねぇ」って感じで先生は子供に接している様子。
 
 
でも、宿題を山ほど出す担任に「嫌だ」と言いつつも、新学期から帰宅が遅くなりました。
 
 
なぜなら、授業が終わってから教室に残って、先生といろんな話をしてから帰ってくるからだとか・・・。
 
 
子供なりにその担任の先生に対して何かを感じでいるのだと思います。
 
 
そんなこんなで色々あって、ウチの娘の担任の先生、右翼確定(笑)
(ちょっと御幣があるかも?)


で、それでも、娘は嫁から「言われなきゃできない」等々と叱られる・・・・・
 
 
ま、有難いことだと気づいたモン勝ち。
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]