忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
09

1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

題名が本日の結論です(苦笑)
 
 
ドルは唯一の基軸通貨ではない、金融サミットで表明する=仏大統領
 
[パリ 13日 ロイター] フランスのサルコジ大統領は13日、ドルはもはや唯一の基軸通貨ではないと述べ、14日からワシントンで開催される緊急首脳会合(金融サミット)でこうした認識を表明する考えを明らかにした。
 
同大統領は「第二次世界大戦以降ドルは唯一の国際通貨だったが、現在ではそうではないことを、あすワシントンに向かい、(金融サミットで)説明する」と語った。
 
「1945年(の終戦時)に真実だったことが今日でも真実とは言えない」と述べた。
 
 
趣旨としてはG20においてユーロ若しくはフランス自身の立場を表明した取れます。
 
 
が、20では各国のつごうの良い言い分の多事争論的発表会になる可能性もあるとか、ユーロ?危ないんじゃないの?という異論反論オブジェクション議論はまた別にします。
 
 
私が思うこの記事のキモは「1945年(の終戦時)に真実だったことが今日でも真実とは言えない」という部分です。(田母神氏の論文への援護射撃のようにも感じましたが、そんなつもり全くないでしょうけど。)
 
 
メディアの田母神氏に対するバッシングを見ていても、自分たち(メディア)にとって都合のいい部分だけを抜き出しているというのがミエミエでした。
 
 
例えば・・・中韓に対し、「ごめんなさい」という人が良識かつ良心的な日本人であるという戦後の流れがまだ大きく横たわっているように感じます。
 
 
そしてそこに利権が生まれ、その利権を取り巻く人々が溢れ、公にそれぞれ互いを賞賛し合う。それがさらには票に繋がる。ガンが転移するように。プロ市民なるものが出てきて、そして一般人すらそれらのおこぼれに預かろうとします。


つまり精神まで知らず知らずに歪むということです。私から見て歪んでいる状態が、彼らの正常となります。そうでないと彼ら自身の理屈が通らなくなります。
 
 
例えばこれ。こういうのも後をたちません。
 
 
東京大空襲裁判 証拠調べへ
 
太平洋戦争末期の東京大空襲の被災者や遺族などが集団で国に謝罪と賠償を求めている初めての裁判で、13日から原告側の被災の状況を明らかにするための証拠調べが東京地方裁判所で始まり、原告が法廷の場で家族を亡くした状況などを説明します。
 
 
この裁判は、昭和20年3月、一晩でおよそ10万人が亡くなったとされる東京大空襲で家族や家を失った被災者や遺族など130人余りが「国が民間の戦争被害者に戦後、援護や補償をしてこなかったのは法の下の平等に反する」として、国を相手に、謝罪と総額で14億5000万円余りの損害賠償を求めているものです。戦争による空襲の被害をめぐり、集団で国の責任を問う裁判は、今回が初めてです。東京地方裁判所では、13日から「証拠調べ」が始まり、13日は空襲で家族を亡くした原告5人と空襲を体験した作家の早乙女勝元さんが証人として出廷し、当時の状況などを説明します。この証拠調べは、空襲の被害を立証するには被災者や遺族が法廷で体験を語る必要があると原告側が求めてきたもので、被告の国側は必要ないとしていましたが、裁判所が原告側の要求を認めて行われることになりました。証拠調べは来年1月まで行われ、あわせて13人の原告が証言に立つ予定です。この裁判で、国側は「戦争の被害は、国民が等しく受忍しなければならない」として、訴えは無効だと主張しています。
 
 
日本が悪いとも取れますし、アメリカのアの字も出ていません。向かう先は日本です。百歩譲ってこれに参加したものだけが賠償される対象なのか。同じ日本人の税金から出せと大手を振ってやがる。仮に敗訴しても思惑の一部(「日本=悪」というような宣伝効果)は達成するのでしょう。(朝日新聞を訴えるならまだ分かります。)


もちろん大多数の人はこんなたかりのようなクレクレ詐欺みたいなことはしていませんし、恥ずかしいと思っている人もいると思いますけど。
 
 
悲しいし、空しくもあります。
 
 
ちょっと話は逸れますが、周知の通り、特ア等ももちろん、反日、抗日という部分はあります。私の身近な人にも「日本が戦後経済成長した背景は朝鮮特需や。朝鮮動乱って知ってるか?あの時に日本は賢く儲けよったんや」とも言います。しかし、時と場合によっては「ふーん」と聞いていたらいいだけです。まだ上記のニュースに比べればかわいいもんです。


そして、だから特アは駄目なんだというのは、前回の国籍法しかり、言い尽くされた感があると思う方もいると思いますが、「日本人の中に敵がいる」という部分をぼやけさせるとも感じます。
 
 
ついでにコチラも(ちょっと古いですが)。
 

南京大虐殺が生んだ「心の闇」 臨床心理士ら講演
 
日中戦争時に日本軍が中国・南京で虐殺行為をした歴史が、自傷行為などに及ぶ現代の若者の「心の闇」につながっていると考える臨床心理士らが四日、対応策について語る講演会を東淀川区東中島五丁目のアジア図書館で開いた。現地での対話が、心の機能の回復に役立つという。
 
 
 
日本人が南京で虐殺行為をしたので、今の若者は自傷行為に及ぶらしい。


アホちゃん。
 
 
 
 
 
だからこそ知ることが大切です。
 
 
戦後教育の問題しかり。じゃあ、知ることとは何か。メディアリレラシーという言葉があるように、大量にタレ流されている捻じ曲がっていることの方が多いニュースをそのまま受け取ることではないです。千代太郎さんが書いていたように思いますが、単純に目で見たり耳で聞いたりではなく、自分の頭で考えること。目や耳ではなく頭を使うことかもしれません。
 
 
個人的には、一部の極右と呼ばれる人も本当に「切実な行動」なのかと私自身に問うと、本物じゃないんじゃないという疑問符がつきます。週末なのに暗い話になりましたが、目の前にある問題は一つずつ解きほぐさないといけませんね。


売国しようとする人に負けてはいけない(これを勝ち負けというかどうかは別にして)とも思います。そしてマトモな国にならんとイカンと思います。
 
 
「勝つ意欲」は大して需要ではない。そんなものは、誰もが持ちあわせている。重要なのは、勝つために準備する意欲である。
 
 
って言ったバスケのコーチがいましたね。
 
PR
国籍法改正案では、認知する男性は日本に帰化した外国人でも大丈夫なようですね。
 
 
うその認知で国籍を取得する「偽装認知」を防ぐため、虚偽の届け出は1年以下の懲役か20万円以下の罰金を科す規定も新設しましたが、私が思うに、悪用しようとした場合、この罰則は軽すぎるような気がします。
 
 
女性の場合は、多くても一年に一度しか自分の子供を産めませんが、さて私は男ですから一人当たり50万貰って(嘘)・・・という単純な発想をしている場合じゃありませんし、そんなつもりもないですが、さて、悪さをしようとすると、色んなことが想像できます。残念ながらこの世の中、金のため、自分のため、何も起こらないとは決していえません。
 

今週末(11/14(金))、民主も賛成しつつ審議に入ります。
 
 
国籍法改正案、今国会で成立へ…民主が賛成方針
 
改正案は14日の衆院法務委員会で審議に入り、今国会で成立する見通しとなった。
 
 
改正案は、日本人と外国人の間の子どもについて、国籍取得要件から父母の婚姻を外す内容だ。現在は、結婚していない外国人の女性と日本人の男性の間に生まれた非嫡出子は、出生前に父が認知していなければ日本国籍を認めていない。
 
 
ということで、以下の「まとめ」に詳しいことが書いてあります。
量が多いですが、ひとまずザッと見るだけでも要点がつかめると思います。
さて、私は戸井田さんに電話かメールしましょうかね。あと関西だと西村先生ですね。
(その他の方法もあるようです。※まとめWIKI参照)
 
 
改革クラブ 結党・決起集会 
平成20年11月15日(土)19:00~20:00(18:30開場)
堺市教育文化センター ソフィア堺 大ホール
 
には行けないので、というか行けても話すチャンスはないかもしれませんが、後輩さん、お願いしときます。
 
 
国籍法改正案まとめWIKI
 
 
ニュースを見る限り、審議入りして今国会で成立してしまう可能性が高いように見受けられますが、
個人的には、今国会で成立しても、まだ出来ることがあるという印象を受けました。
簡単に諦めず、ゆっくり急ぐ。出来ることを出来る範囲でやっていきましょう。
 
 
先日、会社でインフルエンザが流行り、ヤベーなと思っていた矢先、ちょっと寒気がしたのですが、案の上39度の熱が2日間続きました。病院も休みだし、私も丁度三連休だったので寝てました。休み明けには熱も下がるだろうと。
 
 
ひとまず、隔離されながら仕事をしていると眠たいのなんの。湘南乃風の「目を閉じれば億千の星~、一番光るお前がいる~」というのは間違いですね。目を閉じたら意識がぶっ飛びました。(カックンカックン寝ました。)
 
 
で、その後2日間は熱も下がっていたのですが、金曜日、起きたときにいつもより眠いなぁと思いつつボーっとしながら出社し上着を脱いでしばらくしていると強烈な寒気が。喉が痛かった位だったので、これは「会社イヤイヤ病」かなと思っているとフラフラしだし、目を閉じるとスウィングしました。やっぱり湘南乃風はここでも間違っていました。
 
 
で、土曜日は寝てました。日曜日はちょっと所用があったのでボルタレン(痛み止め)を飲んで半日出掛けてから帰って再度寝ました。ボルタレンが切れてどんどん喉が痛くなっています。扁桃炎ですね。喉を覗くと炎症で片方は殆ど閉じていました(あーっと口を開けたら穴(気道)がちょっとしか開いていない状態)。そのうち食べ物、飲み物はおろか、ツバを飲み込むことさえ困難な状況になり、これは明日仕事なので「会社イヤイヤ病」かなと思っていたのですが、喋ることが不自由なのも困るので救急外来に行くことに。
 
 
私、モンスターペイシェントではないので、どこの救急外来が今受け付けているか電話で聞いてから行くことに。ずいぶん遠い所がやっていたのですが、一応、いつも行く総合病院にも電話をしてみました。「担当の医師がいません。でも他科の先生にでも診てもらえると思います。救急患者が来ているのでかなり待ってもらうことになりますが。」ということでした。
 
 
ということで、慣れているその病院へ。嫁に運転をしてもらい到着すると同時に、さらに救急車が2台入ってきました。これはめっちゃ待つぞ・・・と思いつつ、救急外来には90分待ちの看板・・・。しかし大丈夫です。その位なら目を閉じればすぐに経過します。というか日本シリーズ見てました。巨人負けた。西武最高(笑)これでビールとツマミがあれば・・・。
 
 
で、私の順番。美人の女医さんでした。久しぶりにこんな綺麗な女医さんを見たという位べっぴんさんでした。三河地方の人に言わせるとデラベッピンです。私が独身ならいってます(苦笑)白衣でオシャレとか出来るところも少ないのに、嫌味の無い感じでオシャレしてて好感を持ちました。
 
 
で、症状を話すと、
 
 
「結構腫れてますね。息苦しくはないですか?」
 
 
『ちょっと苦しいですけど』
 
 
「じゃ、入院しましょうか」
 
 
『えっ?』
 
 
「死ぬこともありますよ」
 
 
病人に対してなんというギャグを。
 
 
可愛いから許すけど。
 
 
入院して切開して云々とか・・・(途中まで入院して石灰で何かをすると勘違いしてました。)
 
 
気道閉塞を起こして呼吸困難となることがあるという説明でした。
入院はちょっと・・・と伝えると・・・息苦しくなったら必ず来てくださいということでした。
 
 
○○先生の説明で息苦しくなりました(笑)ということと、髪を止めている飾りが可愛いですねということを伝え、抗菌剤とかをもらって帰ることに。(以上、医療現場潜入ルポでした)
 
 
病院に行く前にドラッグストアに行ったのですが、抗生物質等は処方箋がないと買えなくなってました。ちょっと昔ならゆるい抗生物質とか買えたんですけどね。薬事法がなんとかでという丁寧な説明を聞きました。
 
 
で、病院でもらったこの薬が効いて随分楽になりました。一日に一度だけ服用するということ自体が強い薬のように思いましたので、効き目がアリアリでした。(←イメージ)
 
 
で、嫁には女医さんについて話しました(病状を話せという声もあるかと思います)。すると「しんどいのにそんな所ばっかり見てたん・・・」と言われました。そういえば、先日あった同窓会でツレの奥さんのことを可愛い可愛いと言っていたら「あーいう人がタイプなん?良く分かった」と言われたことを思い出しましたね。
 
 
ということで、インフルエンザと風邪のタッグと私の戦いも終焉を迎えつつあります。
 

 「ブロディー(インフルエンザ)が、ブロディーが、ブロディーがブロディーが、間合いを計って、嗚呼!キングコング!ニー!ドロップー!鬼か!魔物か!怪物かー!立てるのかクラウド!」


「我々は思えば、「全共闘」も「ビートルズ」も、お兄さんのお下がりでありました。「安田講堂」も「よど号ハイジャック」も「あさま山荘」も「三嶋由起夫の割腹」もよくわからなかった。ただ金髪の爆撃機ジョニー・バレンタインとの死闘、あるいはクリス・マルコフを卍固めで破ってワールドリーグ戦に優勝した、クラウドの雄姿はよくわかりました。時代によって英雄に祭り上げられた男達の悲劇。悲劇の将軍ハンニバル。ブルータスに暗殺されたジュリアス・シーザー。そしてナポレオン・ボナパルト。ワーテルローで“私の帝国はガラスのように砕け散った”と呟いて、セントヘレナ島に流されたナポレオン。はたしてクラウドに、今夜ブロディー(インフルエンザ)が引導を渡すのか?」
 
 
「おおっと!立った、返した!クラウド返しました、クラウド、返しました。頑張る!涙が出ます。
男のロマンを遺憾なく見せ付けております!!時代が先か、君が先か、こみ上げてくる気持ちにしかできないことがある!流した汗は嘘をつかない!ここでクラウド、オオオ!なんと!バーックドロップー!抑えこんだ!涙のバックドロップ!!」
 
 
「ザ・シーク(喉の風邪)乱入! あー 場外からザ・シークがリング上に上がってきたー。クラウドうしろに目が無い。うしろに目が無い。怒りのミラクルタッチ!何だー!何だー!何が起こっている!」「あ!フォークだ!フォークだ!フォークですね山田さん!喉を狙っています!これはクラウドの選手生命に影響があるかもしれません!クラウド!喉が腫れ顔がむくんでいます。まさに実写版「べイブ」ペトラルカ風の連作ソネットのような抒情詩だ! 闘いのワンダーランド!ザ・シーク傍若無人な戦い!
 
 
「おーっと、クラウドが身をかわす!!というか、汗で滑りました。お約束です。「馬場さん、アキレス腱固めはどこが痛いんですか?に対して「アキレス腱です」と答えるがごとくお約束です。クラウド!千両役者!仮面貴族!千の顔を持つ男!国籍不明の韓国人!テキサスブロンコ魂!愛しいあの子にささげるものは、カリビアンの熱い風!
 
 
「クラウド、いった、ついに手を出した、シークに猛パンチ炸裂!テリーの再来だ! 出るか!「スピニングトーホールド」伝家の宝刀!」
 
 
という訳で、快方に向かっておりますので、ビールを飲み出したら私のターンです。
 
 
皆様もご自愛ください。
 
 
病気になって健康や人のありがたさが分かる。これの繰り返しですね。
 
 
「目を閉じれば億千の星~、一番光るお前がいる~」というよりも・・・。
 
 
というよりも、(合いの手)
 
 
僕がいるこの場所は少し窮屈だけど
愛に満ちた表情でぬくもり溢れて
そして君のこえがする




「タバコ吸ったらアカンで(ハート」って・・・




探していたものは目の前にあった。
  

・・・・・・・・・・
 
 
PS:
美人女医先生とちょっと医療現場(救急等)のことを話しました。
都会の大病院でもやはり大変らしいですね。
 
東京都内で相次いで明らかになった妊婦の受け入れ拒否というニュースの中での二階俊博経産相の発言。
「政治の立場で申し上げるなら、何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。忙しいだの、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない」
 
(現在表示できなくなってます)
 
 
 
本当にそうか?二階氏のいう政治の立場とは?この人のモラルは問われないのでしょうか。なぜ問題発言としてとりあげないのでしょうか。医療体制に不備はないのでしょうか。私は絶対にあると確信しています。政治家は、行政はまだ放置し続けるつもりなのです・・・。その一方で、ホッケの煮つけがあるとかないとか、何やってんの?お前ら。

米大統領選でオバマ候補が勝利 麻生首相「日本でも民主という短絡的な思考はない」
 
 
 
民主党の渡部恒三最高顧問は
 
「チェンジ、チェンジ、どっちがいいとか悪いとかじゃなくてチェンジ」
 
と述べた。
 
ちょっとこれは酷い。多分、熱あります(笑)
 
 
相手がティーグラウンドに立つ度になんでもかんでも「ファーファー」言いまくってる(笑)
 
 
で、本人が(も)OBというお約束。
 
 
もうちょっと真剣にやってくれまいか・・・。
 
 
民主の方が悪いとも取れる内容ですし、本来、どっちがいいとか悪いとかじゃないの?
何言ってんの?このおじいちゃん、いや、民主の最高顧問・・・。
 
 
小沢氏「あんた(渡部)もチェンジ」
 
 
だと逆に評価に値するかも(苦笑)
 
 
この人にカウンターを当てるのは簡単ですね。タイミングが非常に取りやすいです。
 
 
その位内容の無い、訳の分らない発言ですが、どの位、訳が分からないかという例を挙げると、
 
 
1ドル=4兆ジンバブエドル。ジンバブエは2006年8月1日に1000ジンバブエドルを1ジンバブエドルにする 「デノミネーション(デノミ)」を行っており、さらに今年の8月1日にも100億ジンバブエドルを1ジンバブエドルにするデノミが行われているため、現在の1ジンバブエドルは1兆旧ジンバブエドルに相当するわけですが、1ドルを 旧ジンバブエドルに換算しようとする位、訳が分かりません。というか、考えようとする気をそがれました。
 
 
米の民主党と日本の民主党の名が同じというだけで、勇んでコメントしている民主党の偉いさんもおりますが、名前以外に何の関係があるのでしょう。
 
 
何か良く分からないという共通点はあっても、まだ小浜市の方が圧倒的に生産性(宣伝効果)があります。ちょっと恥ずかしい気もしますけど。(ただ、「オバマ氏の努力ももちろんあるが、わたしたちの努力が報われた」というのはどうか・・・)
 
 
ま、発言の真意というか本当のところは、「急にコメント求められて」(急にボールが来たので)・・・という所でしょうかねぇ。
 
 
内容に対して無理にでも納得しようとするとこれしか思いつきませんでした。
 
 
だってそうしないと、(自民も末期だといわれることがありますが、)民主も始まる前から末期となってしまいますから・・・。
 
 
民主は分ってるんでしょ。実際のところ、自民以外に投票したいと思っている人も多いということを。でも、「でもなぁ」という声が聞こえてきそうです。
 
 
政策論争をガンガンやって欲しいものです・・・。
 
 
・・・・・
 
 
竹中氏と意見が合わなくて金融担当大臣を更迭となった柳沢伯夫氏という方。産む機械の人です。
丁度、大臣就任前だったのですが、パーティーかなにかで話を聞く機会がありました。
その時の一節を紹介。
 
「G」から(小さな)「T」を取れば「C」になります。
「T」=「タブー」であります。
ゆえに「CHANGE」からタブーを取ると「CHANCE」となります。
 
 
もちろんこれは前向きな発言なんですが、
 
 
今回の民主に合わせると・・・、チャンスとは・・・、
 
 
もしかして主権のチェンジということかよっ。
 
 
という訳で、在日の皆様、帰化を急ぐべからず。
 
 
国籍法改正案とかあるけれども、いろんな意味でちょっと待て、と。
 
 
・・・というのは冗談です。(冗談に思えましたでしょうか)
 
 
・・・・・・・・・・
 
PS
裏を返せば、民主の「その政策は駄目であろう」というタブー視されている問題点(一言でいうと売国政策)を変えれば本当のチャンスになるのになぁと思いますね。
 
 
根っこの部分。本音のところ。
 
 
心ある国民は、政治家に「ありがとう」と言いたいのです。
 
 
分らんか?だから腹も立つ。
 
 
ホンマ・・・早くそうならんかな。(-_-;)
 
 
「SHAZNA」、事実上の解散をファンに発表
 
3人はこの日、東京・福家書店新宿サブナード店で、初のエッセー「ホームレスヴィジュアル系」(ゴマブックス刊)の発売イベントに出席。
 
 
「ホームレスヴィジュアル系」
 
やはりそうきたか・・・でも、ちょっと恥ずかしいですやん。
「~の品格」から今や「ホームレス~」
勝谷氏が出版業界が大変だといってたのが、なんとなく分かりました。
 
 
IZAM(36)が「この本が出来たことで自分たちの満足度が高い。歩いてきた道を再確認できた。15年間やってきましたが、これをもってSHAZNAのプロジェクトを『完結』することになりました。事実上の解散です」と発表した。
 
本が出来て満足?これをもってプロジェクト?を完結?
 
お前ら!!歌手(バンド)ちゃうんかい!!!!
 
 
歌で締めろ、よっ・・と。
 
 
という訳で、自分の職業以外にも幅広く手を広げた小室さんも逮捕されましたが、そのレベルに達する前にSHAZNAは勘違いして・・・、まだ自分たちのやっていることがよく分かってないのだなぁと思いました。
 
しかし、今朝の朝刊の各紙一面が小室氏逮捕でした。いやいや、これはこれは。特捜部も入って・・・。最近、特捜の本を読んで感じたのですが、これは政界・財界を巻き込んだ大掛かりな事になるのですかね。
 

ここまでにしようと思ったのですが、やはり私自身が難しいなぁと思った問題にも少しは触れてみます。



で、本題。
 

朝日を初めとする一部メディアの報道姿勢はホント、チンカ●ですね。
 
【前空幕長会見詳報】(1)「一言も反論できないなら北朝鮮と同じだ」(3日夜)
 
反論できる(突っ込める)部分は内容ではなく「政府見解と異なって不適切である」等の内容以外の点だけだと思います。
 
 
 
こちら(↓)を見ていただければそれが分かると思います。
 
 
「強い国」とは歴史の真実を堂々と明言できる国・さらば村山富市
 
西村氏の今回の件に関する考えです。これで議員辞職なんて絶対にありませんよね。内容はもちろんのこと、それ以外の突っ込み所もないからだと思います。まさしく正論。
 
 
 
しかし、私から見ると明らかに先走りしている人達もいます。
 
 
<田母神俊雄前航空幕僚長を売国総理から守れ>
国軍(自衛隊)は村山談話を継承する麻生太郎を許すな!
日時:平成20年11月4日(火) 午前8時半集合
【登庁する自衛隊員に檄(決起)を飛ばします】
同日:    〃    午後5時半集合
【夕刻に集合する反日左翼を蹴散らします】
 
 
一部修正が入ったようですが、えーと、新風(せと)さんです。(新風応援している人、すみません)
文面もちょっとコワい(笑)
 
 
で、大筋では田母神航空幕僚長の考えはわかります。理解もしていますが、ちょっと切り口をかえるという意味でも、ちょっとキティさんのところから引用するこちら(↓)を見てください。私から見て現実的だと思う所や、または細かい所には疑問符がつく所もありますので、大筋を見ていただければと思います。(太字部分:私が勝手に太字にしました)
 
 
空自の幕僚長が入賞した懸賞論文が問題となったようだ
 
当該人物を題名で君付けしているのは、ヲレが主権者としての立場という大所高所からの視点でものを言う意図からであり、これが極めて公的な問題であって、私的な礼譲を要する関係でものを言うべき問題ではないことを意味する
 
歴史とはイデオロギーである
事実そのものではなく解釈が問題となる。
 
歴史とは勝った者の歴史である。
 
現在日本に米軍基地があり、経済的にも軍事的にも日本はアメリカの属国の側面を持つ。
 
だが、日本は高度科学技術部品を以って米軍の死命を制し、また莫大な米国債を購入することで米国経済の死命を制している。
 
日本がこの状態にあるのは日本にとって得だからである。それ以上でもそれ以下でもない。
 
まず、米軍が日本に駐留することでアジア諸国は日本と安心して貿易ができる。
 
また、石油輸送ルートを守るための空母艦隊と、中露の核に対するアメリカの核の傘を自分で揃えることになれば今よりずっと多くの軍事費が必要となる。
 
敢えて侵略国家と呼ばれても現在の国際情勢の中で最適解を選んで1億3000万の民が食べていける道を選んでいるのだ。
 
名を捨てて実を取っている。
 
それが我慢できない者もいる。
事実を見ろと叫ぶ者がいる。
田母神君のような人々である。
 
だが、それがどうしたというのだろう?
事実に高い価値を置く単純な人も世の中にはいる。
 
人間の認識は、認識するだけで
既に様々なフィルターがかかっていて、
生の事実などはどこにも存在してはいない。
 
あるのは、比較的多くの人間があやふやにもっている
「真実」という名前の
共同幻想だけだ。
 
歴史を現すhistoryも、Geschichteも、
「お話」という意味だ。
 
歴史的意味での「真実」を構成し、認識するのは、
 
結局、人間の「力への意志」=「信じること」だけだよ
 
そうでないならば、そうであることにしてしまうというのが歴史というものだ。
 
但し、それを主張する必要はまったくない。
信じるだけで、それは力となる。
 
国際情勢と地政学的論点を整理した上で、
国民に何を信じさせるべきか?
そして諸外国に何を信じさせるべきか?
更に自分が何を信じるべきか?
 
統治者として考えるべきなのはそれらであり、
ありもしない生の事実ではない
 
勝てば官軍、負ければ賊軍という諺(ことわざ)が示す通り、勝てば解放軍、負ければ侵略軍である。
 
田母神君の論文を見る限り、彼は歴史の厳しさというものがわかっていない。
 
日本が侵略国ではないということは、第二次大戦で日本が米国を完膚無きまでに叩き潰し、ホワイトハウスに日の丸を掲げることができた場合にのみ言える言葉である。
 
こんなこともわからないようでは、自衛隊は既に思想戦で負けているとしかいいようがない
 
今更田母神君を辞めさせても遅い。
真の支配システムである官僚組織のただの傀儡であることもある首相や大臣ならば縁故で選ばれることもっていうかほとんどそうなりつつあるが、実力で選ばれるべき幕僚長にこのような見識の者を登りつめさせた防衛省の責任は重い。
 
高裁の判決に「そんなの関係ねえ」とか小島よしおの真似をして発言した段階でヲレは既に見切っていた
 
どんな高い金額で武器を揃えようが、有効かつ高度な価値観を以って戦術的目標と戦略的目的を上手く措定する哲学的・思想的能力が無ければ必ず一敗地に塗れるものだ
 
 
歴史は勝ったものが作るというのがベースにありますね。上記は今回の件に関しては、左派からも右派からも出ていない考えだと思います。自衛隊よ、そんな所で負けるな、とも私は受け取りました。今の所ちょっと歯切れが悪い私です。もうちょっと考えます。さて、皆様はどのように感じるでしょうか。皆様が国を憂う首相だったらどう対処するでしょうか。
 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]