忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
09

1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨今、命を粗末にするようなニュースが多い中で、命の尊厳、
大切さというものをもう一度、考え直さないといけないように思います。
 

以前、難病の子どもたちの子ども病院のことを取り上げた私の日記があります。

ここで紹介させて頂いた本を再度、引っ張り出してきました。
たくさん引用したいのですが、本日は一部抜粋して引用させて頂きます。

(以下引用)
 
 

<病気> (中学3年生)
この病気は

僕に何を教えてくれたのか

今ならわかる気がする

病気になったばかりの頃は

なぜ どうして

それしか考えられなかった

自分のしてきたことを

  ふりかえりもしないで

けどこの病気が気づかせてくれた

僕に夢もくれた

絶対僕には

病気が必要だった

ありがとう
 
 
 
 
<実感> (高校2年生)
食べたいと思える

食べれる

眠たいと思える

眠れる

自分で歩いてトイレに行き

自分で排便できること

起きたいと思えば

起きれて

しゃべりたいと思えば

しゃべれて

外に出たいと思えば

出れて

他にもたくさん

書き切れないくらい

そう すべてが幸せ


私がこう考えることができて

それをつらい気持ちではなく

明るくスラッとかけること

それも しあわせ
 
 
 
 
<親の思い>
 
五体満足で育っている子どもをもつと
子どものいない人をうらやむことがある
 
切って縫って体にきずをもつ子どもをもつと
元気で普通の子どもをうらやましく思う
 
一生ハンディの残る子どもをもつと
一時の治療ですむ子どもをうらやましく思う
 
余命宣告されたり子どもの死んでしまった親は
ハンディが残ってでも生きている子どもをもつ親をうらやましく思う
 
子どもができない親は
産める親をうらやましく思う
 
腹のそこから大笑いしているそんな時もよいけれど
私は いつも微笑んでいられる一日一日、瞬間瞬間を大切にしたい
 
 
 
かわいい修行僧たち
命を思い、治療に耐えていく子。その子は子どもなりに自分の命について考えて
います。つらく苦しい治療に耐えていく姿は、純真なかわいい修行僧ということが
できるように思います。修行僧たちがわざわざ絶壁から身を乗り出して自らの命
を危険にさらしたり、道なき道で苦行したり、断食する、座禅を組むなど、それぞ
れ自らの命を極限状態に近づけて悟りを開こうとしている姿に通じると思うので
す。

ただし、望んでいない病ですし、ましてや悟りを開こうなどとも思っていない子ども
達です。

僧の修行では「生死をも問題にするような重大な事態にも対応でき得るよう、ものの考え方を見出す」というものですから、または、「教えを実感する」というものですから修行のしがいがあるというものです。難行苦行で得た考え方は知恵となり、哲学や宗教へ高められていくのです。その点、難病に対峙している子どもたちには、病気さえ治ってしまえば価値ある思いも記憶にも残されずに消え去ってしまうかも
しれません。

治療という苦行の中から得た何らかの思いをはっきりとした形に残して退院していくならば、その子たちは人間的にも素晴らしいおみやげをもって退院していくこと
ができます。一回りも二回りも成長して退院していけるはずです。院内学級で学習している子どもたちの中には、このようなことがあてはまる子どもたちが出てきてい
るのです。

「先生、おしっこ」といった一年生の子に誰もが何も言わずに道を開けてあげられ
る心、とてもうるさくて授業のじゃまばかりしている児童に算数の問題を作ってあげる心、なかなか登校できないでいる児童を説得して登校させようとする心、個室に入ってしまった友に手紙を書く心、みんな当たり前のことですが、そのことを自発
的に為す姿はとても素晴らしいことだと思うのです。病気の子だから余計に素晴
らしいと思いますが、でも病気の子だからこそ相手の心が手に取るように分かって、当たり前としてできるのだと思うのです。

「神様がくれた病気」だったと感じた子の思い、「お母さん泣かないでね」といった
子の思い、輪廻転生の絵を描いて治療に入っていった子の思い、「プラス思考の
あなた・・・」といわれたその子の思い、「電池が切れるまで命を大切にしよう」と詩を書いた思いなどなど、子どもたちの思いは素晴らしい。このような素晴らしい思
いが、子ども病院から、院内学級から世の中に向けて生き生きと広がりをみせていくならば、これからの世の中もまんざらではないと思うのです。


間接的にエールを送るつもりが、自分自身が励まされました・・。
頑張りましょう!!

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

91  90  89  88  87  86  85  84  83  82  81 
自壊する中国をスウェーでかわせ 背骨のない生き物が繁殖中
忍者ブログ [PR]