忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
09

1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


怒り、悲しみ交錯 遺族それぞれの4月25日 JR事故から3年
 
 
今日は、あの事故から3年目。突然の出来事でした。
 
 
悲惨な事故でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。
 
 
喉元過ぎれば・・・ではいけません。
 
 
人の気持ちの分かる人間になりたいと思います。
 
 
 
 
 
硫化水素での周囲を巻き込んだ自殺や、のぞみから飛び降りたというニュースが先日もありましたが、電車への飛込等のニュースが後をたちません。丁度、今朝も大阪の御堂筋線で人身事故があった模様です。私も構内で放送が流れたので経路を変えました。
 
 
簡単に命を捨てる人、病気等で悩んだ挙句の結果という人、様々な形があり、同一視はできません。しかし、いつも怒りを覚えたり、やるせない気持ちになります。
 
 
 
例えば、障害を持つ子供が生まれ、途方に暮れるという場合もあるでしょう。
 
 
少し話はそれますが、有名な文章を紹介します。
 
 
「天国の特別な子ども」エドナ・マシミラ
 
会議が開かれました地球からはるか遠くで。

 
また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ

天においでになる神様に向って天使達は言いました。

この子は特別の赤ちゃんでたくさんの愛情が必要でしょう。

この子の成長はとてもゆっくりに見えるかもしれません。

もしかして一人前になれないかもしれません。

だからこの子は下界で出会う人々にとくに気をつけてもらわなければならないのです。

もしかしてこの子の思うことは中々わかってもらえないかもしれません。

何をやってもうまくいかないかもしれません。

ですから私たちはこの子がどこに生まれるか注意深く選ばなければならないのです。

この子の生涯がしあわせなものとなるようにどうぞ神様

この子のためにすばらしい両親をさがしてあげて下さい。

神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。

その二人はすぐには気がつかないかもしれません。

彼ら二人が自分達に求められている特別な役割を

けれども天から授けられたこの子によってますます強い信仰と

豊かな愛をいだくようになることでしょう。

やがて二人は自分たちに与えられた特別の神の思し召しをさとるようになるでしょう。

神からおくられたこの子を育てることによって。

柔和でおだやかなこの尊い授かりものこそ

天から授かった特別な子どもなのです。
 
 
 
これは当人ではなく、親(周囲)の心の持ち方を表したものです。
普段からの心の持ち方が大切だと思います。
 
 


では、死にたいと思う「当人」はどう考えるべきか。
 
 
上記の文章と同じで、そのように「悩む前」に色々なことを考えたり、
周囲はそれを伝える必要があると思います。
 
 



いつも思います。 



死にたいと思う人にひとつだけ言いたい。
 
 

そして以下に共感していただける人があれば解決にならないかもしれませんが、周囲の悩んでいる人に伝えて欲しいと思います。
 
 

本来は、悩む前(普段)から、伝えておくべきだと思います。
そういう気持ちに傾かないように。
 
 

誰もがそういった気持ちになる時があるかもしれません。
 
 
だからこそ、そうでない今、「芯」の一部を形成するものを作らねばならないと思います。
 
 
 
 
 

ひとつだけ、伝えたいこと。
 
 

「明日を生きたい」と強く願う人がいます。
 
 

一日でも生きていたいと日々、ちからいっぱい闘っている人がいます。
 
 

それでも病気等で亡くなってしまうことがあるかもしれません。
 
 

その人たちの気持ちを心底、本当に、
 
 

心から理解できたのなら、そうしてください。
 
 
PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
不覚にも涙しそうになりました。
引用された文章は、知りませんでしたが非常に深いですね。
なんとも複雑な気持ちです。

私は自殺をする人間に対しては怒りしか感じられず、極端な内容の日記を書いてしまいましたが、cloudさんの書かれた内容の方が、心にずっしりときますね。

・・・うん、頑張ろう。
むぎ 2008/04/25(Fri)17:57:09 編集
Re:無題
むぎさんの日記は全然、極端ではないと思います!いちいち頷くことばかりでした。

私の一つだけ伝えたいことの裏には、みなまで言う必要もないと思いましたので書きませんでしたが、「理解できるものならしてみろ!」という大きな怒りがあります。しかし、それを本当に理解してもらえるのは普通の人なんでしょうね。この矛盾。ですから普段から、いつなんどき、「周囲の人が自殺やそれに類することをしようと考える」前に、こういった話を普段からしておくほうがいいと思っていました。

「天国の特別な子ども」については、神様や天使が出てくる文章で馴染みにくいかも知れませんが、「この人達だから大丈夫という太鼓判。そのように選ばれた両親」だと感じています。ですよね(笑)
【2008/04/25 18:41】
「天国の特別な子ども」
この文、初めて読みました。

身近でダウン症とか自閉症の子を持つ友達が数人います。
先天性の病気が原因で2歳で子と別れた友人もおります。
実家の隣にも3コ下のダウン症の子がいました。
その子達や、両親の顔が頭に浮かびました。
この昼時に、だーだー涙が出ております…
神谷 URL 2008/04/26(Sat)12:25:08 編集
Re:「天国の特別な子ども」
コメントありがとうございます。

熟すか腐るかの分水嶺というか、腐る側の気持ちが分からないでもないですが、それ以上に障害を持った子供を授かり、色々な苦悩や障害を乗り越えていこうとする両親を見ていると、凄いなぁと思います。そのような人からは「当たり前のことだ」と叱責を受けるかもしれませんが・・・。

例えは悪いですが、以前に特攻の本を読みました。「特攻に行こうと志願する人間に、精神訓話が出来ようものか」というようなことが書いてありました。苦難に立ち向かう人に対して、応援の言葉しか見つかりません。

その中にはすごく明るい人もいますので、本当の強い人間ってこういう人なんだろうなとも思います・・・。
【2008/04/28 08:34】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

308  307  306  305  304  303  302  301  300  299  298 
長野(4/26(土))の聖火リレーの実態(現地レポートしてくれました) 野村證券がインサイダー?・・・・・・聞いてみよう。
忍者ブログ [PR]