忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツでは躾という単語に調教という意味も含まれます。
身を美しくするという漢字はよくできていると思います。
内面を磨くということも含まれるのでしょう。

日本の漢字ですが、和裁では仕付けといい、縫い目や折り目を固定するために、あらかじめ仮縫いすることです。
 
 
放流したトラック13台分のコイ、末路は下流で住民の食卓へ
(一部抜粋)
<中国北東部の吉林省吉林を流れる河川・松花江で5日、労働者3000人以上が
2時間をかけて、7万元(約110万円)相当の鯉を放流した。しかし、作業が終了し
たとたんに、近隣や下流の住民らが網など捕獲の道具を手に、松花江河岸に殺到。放流したコイの多くは、簡単に捕獲されてしまった。>
<今回のコイの放流は、「世界環境デー」の政府活動の一環だった。>
 
ギャグや悪ノリでやったことではなさそうです。民度の違いですね。
世界環境デーなら世界に配信されるでしょうに。放流した人も参加してそうですから、まさにマッチポンプ?
 
 
 
 
バチカン関係者あぜん、ブッシュ大統領が法王に「サー」
(一部抜粋)
<バチカン市で9日、ローマ法王ベネディクト16世に内謁したジョージ・W・ブッシュ米大統領は、法王に対し用いられる尊称「聖下(His Holiness)」ではなく「閣下(sir)」と法王に呼びかけたと報道された。>
 
 
失礼ですね。私もあります。女性に違う名前で呼んだことは。これは実は非常に難しい問題です。
 
 
 
 
「裸で自転車に乗り、町に繰り出そう」というイベントが、世界各都市で始まる
<「1年で最も変わった、野蛮で非常識な催し」と自負する「World Naked Bike Ride」が9日から、欧州を中心に世界各都市で開かれる。><イベントのホームページでは「われわれの尊厳を守り、自転車および歩行者が直面している特有の危険を明らかにするための最良の手段として、裸で自動車に向かうのだ」と主張している。>
 
 
たいそうなことを言っていますが、趣味で集まっているとしか思えません。
お祭りの一種ですね。
そこで一つ提案があります。

自転車に乗るとき、両手でそれぞれ反対のハンドルを持ち、腕を交差させるようにして走ってみてください。十中八九こけます(数人に実証済)。裸で自転車に乗る危険はアピールできると思います。
 
 
 
 
五輪を前にマナー向上作戦、毎月11日は「列に並ぶ日」
<2008年の北京五輪を前に、北京市は、つば吐きや列の割り込みの禁止、笑顔の奨励といったマナー向上キャンペーンを大々的に繰り広げている。その一環として、デパートやスーパーでは「列に並ぼうキャンペーン」が2月に開始され、毎月11日を「列に並ぶ日」に定めて買物マナーの向上を目指している。>
 
ほう・・・。日本では幼稚園児でも知っていますよ。
 
 
この辺りのニュースまでは、冗談と受け止められますが、そうでない、冗談で済ませることのできない輩もいます。
 
たまたま、子供の小学校の問題で少し調べ物をしていたらこういう記事が平然と阿呆日教組のHPに載せられていました。日頃、私は覗く機会はありませんので、知っている方も多いのでしょうが、これは監視しなければいけませんね。
 

「首相たちの背後霊」
という時事漫画では安倍氏、小泉氏、後ろに東条英機氏が背後霊役??と、よく分かりませんが、英霊と背後霊をかけているのでしょう。英霊を背後霊だと馬鹿野郎!!許せん・・。
中国なら侮辱罪で死刑にもなりかねない表現です。表現の自由の範囲を逸脱しています。
 

韓国人に対して日本の子供に土下座させたり、意見の違う校長を自殺に追い込んだり、国旗、君が代、数え上げればきりがない罪状。「貴様らには教師としての誇りも本来あるべき教育理念も何もないのだろう。辞めてしまえ」と声を大にしたいと思います。
 

しかし、先日、逆に辞める必要のない教師が辞表を出しました。28歳と若いですが、本来の教師としての資質を感じさせてくれました。
 
 
以下の内容はいろいろな問題点が浮き上がっていますので、長いですが全文引用します。
 
「いじめ許さん」全員に体罰 辞表の先生、保護者が慰留 京都
体罰を加えたことをわびる教諭に、教諭の熱意を正面から受け止めた児童と保護者。京都府京丹後市の市立小学校で、「クラスメートへのからかいをやめなかった」とクラス全員に体罰をした男性教諭(28)が辞表を提出した。しかし、保護者のほぼ全員が辞職の撤回を求める署名を提出。思いとどまった教諭は謹慎処分が解けた8日、児童らと互いに謝罪し、きずなを深めたという。市教委は「近年、学校に理不尽な要求をする保護者が増える中、教諭の熱意が通じたのでは」としている。
 
市教委のコメントだけはいただけない。
しかし、「互いに謝罪」とは、させられたのではないでしょうか。私が小学校時代、
遠足で駅まで並んで向かっている途中、ある女の子が列を乱して遊んでいた時のこと、その女の子の担任の男性教師は思いっきり頭をハタいた後、叱ったようです。たまたま私のオカンがそれを見ていました。「ええ先生や。男女分け隔てないし」と感心したらしいです。全然おかしくないと思うのですが、どうでしょう。
 
 
 
市教委などによると、教諭のクラスでは1人の男児の外見を一部児童がからかい、他の児童も黙認する状態だった。教諭は「(次にからかったら)みんなをたたい
て教師を辞める」と注意したが、今月4日、再びからかいがあったため、「ここで放置すると、いじめに発展しかねない」と判断、からかわれた男児を除く全員のほおを平手打ちした。
 
これも当然です。私も息子に言うときがあります。「次にやったら~する」と。こういう親は多いと思います。でもきちんと実行できていない場合が多いのではないでしょうか。やめさせるための形だけの文句ではありません。私は、子供がやった場合、「俺はしっかり約束は守るからな」と言って実行します。そこで「ごめんなさい」を言っても既に遅いことに気付かせます。
 
 
 
市教委などによると、教諭のクラスでは1人の男児の外見を一部児童がからかい、他の児童も黙認する状態だった。教諭は「(次にからかったら)みんなをたたいて
教師を辞める」と注意したが、今月4日、再びからかいがあったため、「ここで放置すると、いじめに発展しかねない」と判断、からかわれた男児を除く全員のほおを平手打ちした。
報告を受けた校長は同日夜、保護者らを集め、教諭とともに謝罪。3日間の自宅謹慎を命じられた教諭は辞表を出した。ところが、寛大な処分を求める署名運動が保護者の間で始まり、全校の児童191人の保護者ほぼ全員分の署名が学校に提出された。
その後、教諭が二度と体罰をしない意思を示したため、校長は辞表を返却。謹慎処分が解けた8日、うつむいてわびる教諭に、児童たちも泣きながら「私たちが悪かった」と謝ったという。
 
今回の体罰?の場合、軍隊方式でかつ連帯責任でいいと思います。校長はこういった教師を守るべきだと思います。署名が集まったからうんぬんは関係ないでしょう。

体を張って教える教師には、体を張って受け止めてやって欲しいものです。正しいことに対しては尻を拭くのが上司のつとめでもあります。

学校教育法の「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、学生、生徒及び児童に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。」というのが頭をよぎっているのでしょう。

校長も体罰をしないならどうやって解決するか教えてください。校長がしっかりしていないですね。子供たちはこのときの気持ちをすぐに忘れるものです。繰り返し教えてこの経験を刷り込むべきです。
 
 
 
教諭は採用4年目で、同小には今年度着任。校長によると、熱心でまじめな人柄で、子供のころに外見を理由にした嫌がらせを受けた経験があったという。
引野恒司・同市教育長は「学校に理不尽な要求をする保護者も少なくない風潮なのに、教諭の行為を熱意ととらえ、署名運動まで起きるとは驚いている」とした上で、「体罰の事実は事実なので、子供や保護者の心情を受け止めた上で適正に処分はする」としている。
 
市教育長は阿呆ですか。驚く?とは。普通のことです。
「子供や保護者の心情を受け止めた上で」と言いますが、そこは校長として独断で判断するところでしょう。腰の引けたようなことをするなといいたくなります。せっかく資質がありそうな教師なのに。
 
 
 
河上亮一・日本教育大学院大学教授(教師論)の話 「教師として、職をかけてもやってはいけないことを示す覚悟も必要。児童や親にもその姿勢が伝わったのではないか。最近ではこういう先生はめずらしく、評価すべきだ」
森毅・京都大名誉教授の話 「熱心だから体罰が許されるという話ではない。教師が体罰をするなら辞めるしかないと思うし、保護者らはそれを非難するにしても支持するにしても、もう少し学校と冷静に付き合う手だてがあるのでは」
 
 
 

「この人、おかしいと思うねんけど」
「これ体罰なん?冷静に付き合う手だてって、何?」
 
(嫁よ、難しい質問をするではないですか。)
 
 
上から物事を見る人の考えは、俺も良く分からんわ。』
『ちょっと、待ってや』

(と、言ってメモを取りに行きました)
 
 

『これ、阪神大震災のボランティア事務所に貼ってあったそうやで』
 
どろあしのままで
いやなことを きいたら そのみみをあらえ
いやなものを みたら そのひとみをあらえ
いやしいおもい わいたら そのこころをあらえ
そして あしは どろあしのままで 
Go With Muddy Feet
 
 
『つまり、訳の分からんこと言うのは、足に泥がついてない人やと思うねん』
 
 
「ふ~ん、じゃあ、パパは泥ついてんの?」
 
 
『えっ?う~ん・・』
『それは、周りが決めることやな。』

この後のラブラブ・バカップルぶりを披露するのは恥ずかしいので割愛します(嘘・・)
 
 
今後、森教授のような、私が分からないことや、理解できないことは、
ヤフーでググろうと思った次第でございます。
 
尊敬できる教師が増えないといけませんね。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
体罰と暴力の違いがわからないから、たかだかガキを叱っただけで騒ぐ馬鹿親が増えたんだと思います。
俺がガキの頃は叩かれてなんぼでした。竹刀で頭を叩かれるのもしょっちゅうでした。
こんな教師がめずらしいとゆうのが情けないですね。ごく普通の教師なんじゃないでしょうか。
URL 2007/06/12(Tue)20:19:35 編集
Re:無題
そうですね。そう思います。
シバかれて育つ。
それも今となってはいい思い出ですね。
今の学校では、子供たちが大きくなったとき、恩師といえる教師が少なくなりそうです。
今、先生の顔が見えないというか、私が子供の頃は良くも悪くもインパクトのある先生がもっといたような気がします。
教師は理念が大切だと思います。
【2007/06/13 08:48】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

109  108  107  106  105  104  103  102  101  100  99 
壊れた色眼鏡 キャプテン嫁 交渉その①
忍者ブログ [PR]