忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
12

1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久間大臣が辞任。小池百合子氏が後任ですね。
芦屋生まれで甲南女子から関学ですし、靖国にも行きそうな気がする「夏のお嬢さん」でしょうか。榊原郁恵と柏原芳恵の別を惑った経験はないでしょうか。
 
久間大臣がイラク戦争は失敗だと以前に発言した際、左派で反米の人は、「この人が他の国会議員の代弁をしたのだ」「勇気ある発言」と言っていました。「自民党の中で、覚悟のある政治家だ」とも言っていました。久間氏にはアメリカからの圧力がかかったという可能性も否定できないです。「しょうがない」発言は別として。
 
これで民主党が参院選を有利に戦えるという声も上がっています。勝てば官軍という言葉もありますが、所詮、失策がらみの得点ということは気付かれています。
 
個人的には、慰安婦問題で意見広告をWP紙に掲載した民主党議員の発言には注目です。これによって好感を持たれた議員もいるはずですし、民主党はどう対応するのでしょう。極端な話、「(これも参院選の争点でした。)これで国民の信用を得た」という議員が出てきたら面白いと思います。河村さん、頑張れ(笑)
 
ついでにアメリカに対して「今後は中国との付き合いを深める」という民主党議員も出てくると、自爆して面白いでしょうね。あそこで与党のきりもりの大変さを知っているのは小沢さんだけでしょう。
 
そして今回の「しょうがない」問題時に、謝罪を要求するという団体や野党議員は出ませんでした。結局、自分の都合なのでしょうか。(小沢さんは言っちゃいました。)
 
アメリカはどちらに転んでも、対処法があるというのが強みではないでしょうか。
斜めから見てですが、賢いと思います。
 
 
原爆投下、米に謝罪求めるべき…党首討論で民主・小沢代表
民主党の小沢代表は1日の党首討論で、久間防衛相が米国の原子爆弾投下を巡り「しょうがない」などと発言した問題に関連し、「(原爆投下について)謝罪を
求める考えで、米国と話し合うべきだ」
と述べ、政府が米国に対して謝罪を求めるべきだとの考えを示した。
 
これに対し、安倍首相は「米国に『謝罪せよ』と言うことにエネルギーを費やすより、核廃絶を目指して全力をあげることが私たちの責務だ」と述べた。
 
性格も「ブサイク」であろう、誰かの日記にありましたが、この安倍氏の発言を「論点のすり替え」「責任転嫁」「幼稚なレトリック」と称賛されています。

ここ大事です。 

確かに私も反米の部分はたくさんあります。
が、これについてはブッさんの方がおかしい。
また、おかしなことを言っている。今回、安倍さんの言ったことは普通なのです。
読解力不足を露呈しました。ブッさんは感情に任せて何でも書くから、
万年泡沫野党のプロパガンダと言われるのです。
 
 


では、私も感情に任せて、私なりに適当なことを書いてみます。
 
アメリカは核を落としたことを、善悪でいえば、善としているわけですよ。そこに「謝罪しろ」というのであれば、少なくとも確固とした戦略と色々な戦術を持って、いつでも準備ができていますよという状態でないといけない。
 
考えもなしに日米関係を悪化させるのはどういうことになるか考えるべきです。中国の傘下に入るというならば話は別です。小沢さんはそういう選択肢があるから言えるのでしょう。今回はおそらく違いますが。(違う理由は下に書きます)
 
アメリカから、「日本は核というカードを持たなくていいですよ。いや、持たせませんよ、絶対に」と言われたらどうする?考えろ、いろいろな可能性を考えろ。外交とは短期のスパンでやるものではないのです。
 
また、国益を考えるとき「大事の前の小事」ということもあります。大事の前の小事には二つの意味があります。(大事をなすには、小事にも気をつけ油断してはならない。2大事をなそうとするときは、小事にかまってはいられない。)
 


少し話しを戻します。今の日米関係は、過去の戦争等による考えの違いでは
なく、現在から将来に向けての共通の利害関係を重要視して、同盟を結ん
でいます。
 
そして、安倍さんはこう言います。
 
「米国に『謝罪せよ』と言うことにエネルギーを費やすより、核廃絶を目指して全力をあげることが私たちの責務だ」というのは、言い方を変えたというか、
上記に書いたような意味があります。
 

きっ○、行間の意を読めっちゅうねん・・。
 

小沢さんが「(原爆投下について)謝罪を求める考えで、米国と話し合うべきだ」というのは、どういう考えか。
 
この謝罪を要求するというのは、今までのアメリカとの同盟の解釈を考え直すとい
うことです。
 
民主で「与党のきりもりの大変さを知っているのは小沢さんだけ」と書きましたが(褒めているわけではありません。実際の所は憶測が入っています)、今、核をはじめ、アメリカに依存している部分があって、すぐに解消できない問題があるのに、なぜ謝罪させるという無理なことを言っているのでしょう。この人はちゃんとそれが分かっています。小沢さんと安倍さんの間では会話ができているのです。
 
そして、「米に謝罪させる」と小沢さんは本気で言っている訳ではないのです。
(彼以外の民主議員が言うと自爆します)
 
これがすぐに民主のマニフェストに乗ってくることも無いでしょうし、力を入れる訳でもありません。ただ、自民党を叩く戦略の一つです。それだけ。ちょっと品のない言い方でしたが。

誤解を恐れずに、中学生にも分かるように書き換えますと、

小沢「同盟の解釈を変えたらどないだ?」

安倍「何いうてまんの。準備できてませんやん。それはまだ先ですわ」
   「今のままでいかなあきまへん」

小沢「じゃ、とりあえず参院選のネタにさせてもらいまっせ」

安倍「やっぱり?」
 
これがレトリック?すり替え?責任転嫁?

 
アメリカが核を落としたのは明らかに戦争犯罪です。日本はアメリカ側の考えを受け入れてはいない、というのは当たり前の話なんですけど。
 
平岡議員をかすませたりと、単純に政争の材料にするなといいたいですね。
 
そんなことより政策はないのでしょうか。
ふうっ・・・疲れますな。
ある意味、こういったことで参院選を押し切ろうというのは豪腕ではありますが、
これでいいのでしょうか。 
 
 
 

「あきまへ~ん♪」
 
 
 









むぎ先生、幻聴です。わたくし、今、清美ちゃんの声が聞こえました。
どうしたらいいでしょうか?


PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

131  130  129  128  127  126  125  124  123  122  121 
暑くなると阿呆が湧くのか? チキチキマシーン猛レース 泥仕合 ラウンド1
忍者ブログ [PR]