忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
06

1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝読んだ、蜻蛉侍さんの日記に書いてあった一節。
 

「日本人として生まれてよかったとあらためて感謝している」
 

この気づきこそ物事の本質であろうと思います。
「日本人として生まれた僥倖」といっていいかもしれません。
つまり、日本が好きということでしょう。
 
先日、初めての憂国談義に途中参加させて頂いて、皆様のお気遣いに感謝しました。

全ての方とお話はできませんでいたが、その時、近くにいた方には、私は在日韓国人ですと伝えました。「差別はされた?」についての質問等も頂きましたが、今までそんな思いは殆どなかったと思います。
 

というか、差別?区別という点に限っていえば、「関西人」ということに対するものの方が圧倒的に多かったと思います。
 
ちょうど社会人になった時、新人研修が東京の本社で約1ヶ月行われ、ワンルームマンションで過ごすことになりました。
 
各支店で採用された面子が集まるので、同期の名前と顔が一致しません。そして淡い期待感を持ったのも初日でした。それは何かというと、ワンルームの隣が同期の女の子だったからです。

人見知りする私は、これで少しは楽しい研修期間にできるのではと思いました。
 
初日の研修が終わり「ピンポーン」と隣の部屋の同期に挨拶に行きました。
 
出てきたのは誰が見ても私たちより明らかに年上の「おっさん」
 
私『・・・・・』
 

おっさん「どうも、○○です」
 

私『・・・○○です。宜しくお願いします』
 

失意とともに、挨拶だけを済ませ部屋に戻りました。
 

まぎらわしい×100
 

「かわいい女の子みたいな名前のおっさん」だったのです。
 
ハイ、残念。
 
しかもその人は新卒でなく中途入社で、10歳近く年が離れていたのでした。

そんな推理は金田一少年でも難しかったと思います。精密コンピュータのような私の憶測では、女性であるということについては、まさか、はらたいらが篠沢教授に
は負けないだろう位の自信と思い込みがあったのです。
 

もちろん研修場で顔だけは知っていました。でもそのおっさんが、「かわいい女の子みたいな名前」だと、これっぽっちも思わなかったのです。

差別するつもりはありませんが、この「かわいい名前のおっさん」は、名づけの大切さと、私に火病の気があるのを教えてくれました。
 
この「かわいい名前のおっさん」はそれだけでは済みませんでした。

翌日の研修の場で休憩中に談笑している中、こんなことを言いやがったのです。
 

おっさん「あつはなついなあ」
 

私『・・・・・』(ちょっと苦笑いしていたと思います)
 

おっさん「え、なんで?関西じゃ、突っ込むところなんじゃないの?」(by関東弁)
 

私『夏は暑いやろ・・・・・ですか・・・』
 

おっさん「遅いなぁ」
 

頭をシバくわけにもいかず、多少なりとも「年上のかわいい名前をしたおっさん」に気を使ったのは間違いでした。
 

こんな話を、今でも覚えているということは、若干のトラウマかもしれません。
 
今でも、このボケ?に対し、私は困って軽くスルーすると思います。

だって処理を間違えば火の粉はこちらに飛んできそうだからです。
 
本来、この時どう反応したら良かったのか、答えは今も見出せていません。
 
この辺りは今度、シバちゃん師匠にしっかり聞きます。
 
 
「かわいい名前のおっさん」に悪気がないのは分かっています。
しかし、関西人はみんな面白いわけじゃないですし、無謀なご要望にお答えできるリアクションがとれるわけではございません。

「関西人」であるほうが、差別されているという一例です。
 
 

しかし、私は、私に関わる全てを当たり前に受け入れています。
 
 
 


たまに子守唄を歌います。逆にうるさくて寝られないときも多々あるようですが。
 
 
「目立たぬように はしゃがぬように 似合わぬことは無理をせず
人の心を見つめ続ける 時代おくれの男になりたい」
 
「好きな誰かを思い続ける 時代おくれの男になりたい」
(河島英五)
 
格好良くいえば、私のスタンスはこんな感じです。(虹の会にしても同様に・・)
しかし、未だ修行中です。
 
 
蜻蛉侍さんと同じ事を、私も何度か書きましたが、
もう一度繰り返し引用します。
 
「日本人として生まれてよかったとあらためて感謝している」
 
週の初めから気持ちのいい文章をみました。ありがとう。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。

Cloud様は在日の方だったんですね。
民族を民族たらしめるのは血や国籍ではなく、心だと思ってます。
日本人の血を持ちながら、日本を売るような連中は日本人とは呼べません。

関西人は皆ボケたら突っ込むのものだと思ってました。
ごめんなさい。
URL 2007/07/09(Mon)18:08:04 編集
Re:無題
こんにちは。
そうなんです。ありのままを受け入れてそれすら養分にしてやろうと思います。
日本が好きというのは憂国談義に参加して一層強くなったと思います。
すぐには無理ですが、いずれ日本人になりたいと思っています。
ホントいい国ですよ、日本は。他意のある在日ではありません(笑)


ボケられたら突っ込みたいという気持ちは持っているのですが・・。

そして、「同じボケは三回までしろ」というのは刷り込まれています。
これも地域性なのでしょうか、それとも左翼の仕業なのでしょうか(笑)
【2007/07/09 18:42】
確かに・・・
私も関西人に対する差別は相当ありました・・・・

すいません・・・

私は以前の日記にも書きましたが、B型、背の低さに対する差別を受けてきました・・・

特に女性からの差別は凄まじく何度泣きそうになったことか・・・

私も「氏より育ち」だと思っています・・・

蜻蛉侍 2007/07/09(Mon)18:47:45 編集
Re:確かに・・・
関西人をバカにしてもいいですよ(笑)
それを「おいしい」と考えますから。

「コンプレックスさえ己の養分に変える」
これでいきましょう。仲間はいるんですよ。
【2007/07/09 19:24】
無題
Cloud様は既に立派な日本人ですよ。
少なくとも、井筒やみずぽなんかよりは全然日本人らしいと思います。国籍なんて関係ないでしょ。

>そして、「同じボケは三回までしろ」というのは刷り込まれています。

流石、関西って感じですw


蜻蛉侍様

俺もB型です。確かに差別はありましたw
俺の場合、逆にA型の女は合わないって言ってやりました。
URL 2007/07/09(Mon)19:12:34 編集
Re:無題
>日本人ですよ
ありがとうございます。素直に嬉しいです。


ボケについては、「ボケたおす」という表現もある位ですから・・・。
【2007/07/09 19:28】
無題
おっさん「あつはなついなあ」

私「・・・・」

おっさん「え、なんで?関西じゃ、突っ込むところなんじゃないの?」

私「・・・・(蔑)」

おっさん「関西人なのに、おもしろくないね~」

私「関西人は面白いボケにしか突っ込まないんですよ~。何でもかんでも突っ込んでられませんわ!それ位やったら3歳の子でもいいますからね。おもろないことに突っ込むっていうことはかなり疲れますからね~」

関西人失格かもしれません・・・

こう見えて会社では「怒ってんの?」って良く言われます。

「全然、おもろないねんっ(怒)」って心で叫んでるだけです。

えぇ、関西人失格ですね・・・・・

シバ 2007/07/09(Mon)21:59:45 編集
Re:無題
>3歳の子でもいいますからね
なるほど。実際にそうかもしれませんね。

私も、息子のギャグにケラケラ笑う嫁に注意することがあります。
「そこで笑ったら勘違いするやろ。面白くないから」と。
教育の一環です。自分は棚に上げます。


そして、「マック」と言うシバちゃんを想像できないのに・・(笑)
そのシバちゃんが関西人失格ならば、他の人はどうなるんでしょうか。
(ちょっと意味合いが違うな・・・)
【2007/07/10 09:11】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

135  134  133  132  131  130  129  128  127  126  125 
あきれて、反論する気にならない時はありませんか? 宝物を探しに行きませんか
忍者ブログ [PR]