忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
11

1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三角関数、三角関係、若島津の三角飛び、
三角絞め、バミューダトライアングル。
 
三角といえば要注意なのです。
 
今回は三角合併です。自分自身の理解できるレベルでなるべく分かりやすく書こうと思います。
 
よく理解しておかないと、ナポレオンズの首がグルグル回り、
それを見た子供のように驚いてしまうことになりそうです。
 
まず、三角合併とは日本の企業経営を揺るがすことになる恐れがあるということです。

その前に日本経済の足取りを簡単に書いておきます。
プラザ合意後の円高で輸出企業を中心とする日本の国内企業が為替差損等により、ダメージを受けます。日本の輸出がドル建てということにも大きな一因があります。ハンセンにロープに振られラリアットをくらい失神しかけた時期です。ラリアットを受けるのはいいですが、いかにも無防備でした。力を加減してくれるだろうと思っていた節があります。
しかし日本は体力があったのです。やられてもやられても立ち上がります。また、デビュー当時のボブサップ以上の突進力もありました。
 
状況が変化してきたのはバブル崩壊した90年代前半です。冷戦が終結し、アメリカが日本を経済的な脅威と改めて認識したのです。ジャパンバッシングに始まり、為替市場の円売りドル買い介入、その資金により米財務省証券(国債)を大量に買い、資金はアメリカにストックされ、アメリカの予算には日本からの資金が組み込まれるのが当たり前となったのです。
 
日本というキャッシュカードを持ち、
その返済はさほど考えなくて良いということです。
 
日本から得た資金により、外資が日本の土地や企業を買収するという流れになり、ブッシュ大統領に代わってからはゴールドマンサックス等の名前が頻繁に聞かれるようになりました。こういった外資は暴力団とも互角以上に戦います。飲み込んでしまうくらいの勢いです。そこに提灯としてついた虚業IT企業、一部の官僚や政治家がいて、利権の確保をスクラム組んでやっています。逆に、そういった輩もある程度上に登りつめないとトカゲの尻尾切りに合うので必死になる訳です。
 
日本の株式市場は外国人投資家と呼ばれる企業が約四分の一を所有しています。経団連のトップ企業であっても外国人が実質半数を所有しているところもあります(キャノン)。
 
売国企業ならば買収されようが自業自得ですが、そうでない企業はこの三角合併に戦々恐々としています。
 
三角合併が解禁されましたが、これは買収資金を現金で支払わなくても良い。つまり、自社株等の交換で買収が成立するということです。株式の時価総額でいうとアメリカは10年位のスパンでみても増えています。日本は逆に減少しています。差が広がっていると見ていいと思います。そこでこの差が三角合併の要点になります。割安な日本の株式を、ドル建ての割高なアメリカ等の株式を持ってくることによって交換し、日本株を取得できます。
 
日本はメガバンクあたりが買収されることは非常に憂慮する事態であり
ます。
 
日本の経済が完全掌握されると政治もコントロールされるようになります。日本独自の道を閉ざしてはいけません。
 
ライブドア問題により1年間凍結されていましたが、ここに来て解禁です。
 
小林興起氏が凍結に尽力されていましたが、郵政民営化法案に反対票を入れ、その後の総選挙に刺客を送り込まれ議席を失ってしまいました。悲しいことですが、これは日本を良くしようとしている本物を自ら排除してしまったということです。
 
仮に日本の企業が買収されドル資産に組み込まれると、ドルが暴落した時は、企業の崩壊を指くわえて見ているしかないのです。円資産ではないのですから。若しくは、日本企業のためにドルを下支えするような政策をとり、実質的には外資や他国を支えるということになります。ある意味、外資には下値抵抗線が自動的に付与されます。
 
優良企業で時価総額が低い企業はたくさんあります。
誰も知らないようなIT企業や外資が、誰もが知っている企業を買収する事態は起きます。逆に優良企業であるからこそ、簡単に時価総額を上げ、守備を固めるという裏技も使えません。
 
日本企業にとっての試練の場になると思いますが、ここは凌がないといけないですね。
また同時に、売国している人々の姿が浮かびあがってくることに関しては歓迎です。
 

追伸:
以前ここに書いた山崎・加藤の二人の珍遊記の言動が判明しましたね。
やはり思った通り・・・。つい屁が出ましたよ。
精巧な日本のフィルターを通すと、彼らは、中国の目つきの悪いドナルドダックや、張りぼてのドラえもんと同じように写っています。笑われているのが分からないのです。
山崎、加藤のデコボココンビよ!そのまま中国か韓国に永住しなさい!
国民を呆れさせてどうするのか!!
あなたたちは、小学生に「ニフラム」と言われるのが良く似合う。
なんかダンディな響きで、羨ましいですよ。まったく・・。
 

もうひとつ。
私のパソコンで「JONNIRU」と打ち込むと
「正日」と変換されるのは誰の仕業か知りませんが、

そんなことを頼んだ覚えはない!!


PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

70  69  68  67  66  65  64  63  62  61  60 
頭が筋肉痛の人はいる? 個人的電凸
忍者ブログ [PR]