忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
09

1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝日新聞社員を傷害の疑いで現行犯逮捕
朝日もひっそりと載せていました(苦笑)
 

朝日新聞本部長補佐を逮捕…タクシー運転手殴る
 

朝日新聞社員、タクシー運転手殴り逮捕
タクシー運転手を殴り、けがを負わせたとして、警視庁築地署は13日、傷害の現行犯で横浜市青葉区すみよし台の朝日新聞東京本社グループ戦略本部長補佐、平井隆昭容疑者(56)を逮捕した。「もみ合っただけで殴りかかってはいない」と容疑を否認している。
 
調べでは、平井容疑者は13日午後11時25分ごろ、東京都中央区銀座8で、男性タクシー運転手(60)の顔面を拳で数発殴り、軽傷を負わせた疑い。平井容疑者は知人と近くの飲食店で飲酒後、乗車できない場所でタクシーに乗り込み、運転手に「ここでは乗れません」と言われると、腹を立てて後部座席から殴ったという。
 
 
・・・・・
 
 
このニュースを見て、「居酒屋タクシー」を思い出しました。
 
 
これは官僚をペンで叩いた記事(タクシー運転手は叩いていません)でしたが、今回は朝日新聞の幹部が、官僚じゃなくタクシー運転手を素手で叩いたものです。
 
 
という訳で、この居酒屋タクシーと今回の事件(朝日社員逮捕)と照らし合わせながら、見てみます。(少し、私の解釈を少し付け足します。)
 
 
 
居酒屋タクシー―これで負担増を言えるか
以前の朝日の社説の記事が消えているので、以下のキャッシュで確認。引用します。
 
(キャッシュ)
 

<なんともあきれた役人の実態が、またしても明るみに出てきた。>

なんともあきれた朝日グループの実態が、またしても明るみに出てきた。




<国民から税金を集め、それを無駄なく使うよう配分してチェックする。財政の番人である財務省や国税庁の役人たちが、深夜の帰宅用タクシーから様々な金品を得ていたのだ。>

「皆さまの暮らしや仕事に、朝日新聞は必要でしょうか。」
「日本の社会に、朝日新聞は必要でしょうか。」
 
朝日新聞社に働く私たちは、そんな問いを自らにも発しながら、「日本にとって必要なジャーナリズム」を担いたいという気概を持って、読者の皆さまとともに、新しい時代に向かって歩んでいきたいとおっしゃる朝日新聞。
 
あまつさえ、その東京本社グループの戦略を担い、かつ真実を正確に伝える立場にあるグループの中枢にいる幹部が、深夜の帰宅用タクシーの運転手を殴っていたのだ。
 
 
 
 
<運転手から少なくとも150万円の現金をもらっていた者が1人、金券が18人、ビールなどの物品は364人にのぼっていた。>

後部座席に乗り込み「もみ合っただけで殴りかかってはいない」という運転手とのトラブルで怪我をさせているにも関わらず容疑を否認している者が1人。(その他の事件を上げるとキリがない。)
 
 
 
 
<財務省以外でも12の省庁などで金品をもらっていたという。調査の途中なのでもっと増えるだろう。厳格に調査して公表しなくてはならない。>

この事件以外でもいくつもの不祥事を起こしている朝日グループ。調査の途中なのでもっと増えるだろう。『歴史を記録し、真実を追求して、広く報じるという、「社会の公器」としての新聞業の原点を』というからには、厳格に調査して公表しなくてはならない。
 
 
 
 
<これは、民主党の長妻昭衆院議員が全省庁に調査を求め発覚した。>

これは、タクシーの運転手が警察に連絡して発覚した。
 
 
 
 
<長妻氏らはこれまで、年金管理のずさんさや道路財源のムダづかいを暴いてきた。野党議員の求めで省庁が自らの不始末を調べて報告するとは、一昔前なら考えられなかったろう。「ねじれ国会」で野党の発言力が飛躍的に増した成果だ。これからも政府をしっかりとチェックしてほしい。>

朝日新聞は、「情報」があふれている日々のなかで、「もっと知りたい」「そこを知りたい」という読者の要求に応え、「そこまで調べたのか」「そんなことがあったのか」ということを暴いてきた。全国津々浦々の配達網を通じて、確実にお届けしてきた。一昔前なら考えられなかったろう。(朝日:談)
 
と、売国政策を担う旗手として、飛躍的に増長した結果だ。これからも朝日グループをしっかりとチェックして欲しい。
 
 
 
 
<それにしても、長年にわたりタクシーから金品やキックバックを得ていた神経はどうかしている。多くの者がなじみの運転手をつくり、携帯で呼び出して見返りを得ていたのではないか。なんとも情けない。料金以上の金額をタクシー券に記入して見返りを受ける悪質な例がないかについても、厳しく調べなければならない。>

それにしても、「地球貢献国家をめざす」朝日グループの幹部がしょうもないことにも関わらず、人を素手で殴る神経はどうかしている。多くの朝日の人間が運転手を差別し、人権を無視していたのではないか。なんとも情けない。我が家についても朝刊の配達が私が出かけた後に来ることがある、天気予報すら見にくい、嫁にさえ内容が薄いといわれている新聞について、他の悪質な例がないかについても、厳しく調べなければならない。
 
 
 
 
<タクシーが乗客へのサービスを競うのは結構なことだ。おしぼりやポケットティッシュなどをもらって気分がよかった読者も多かろう。>

売国の一端を担うのは結構なことだ。宗主国の信頼を大切にしながら、言論・報道機関としての責務を全うしている姿を見た売国議員も多かろう。
 
 
 
 
<しかし、役所のタクシー券は税金で払われる。私費ではない。金品のサービスを料金の割引へ回せば、経費を節約できる。そう考え、役所としてタクシー側と割引契約を結ぶのが筋ではないか。それをせずに個人が金品を受け取ってきたのは、明らかに一線を越えている。税金を懐へ入れていたといわれても仕方がない。>

しかし、タクシー運転手は素手て殴られる。ペンではない。素手をペンにすると、事件や日々のたゆまぬ売国過程を言論・表現の自由に転嫁できる。そう考え、売国奴として宗主国と割引契約を結ぶのが筋ではないか。それをせずに朝日の幹部が素手で「殴っちゃったエヘッ」としたのは、明らかに一線を越えている。運転手や社会を舐めていたといわれても仕方が無い。
 

(本音)
朝日新聞記者の行動基準である正確で偏りのない敏速なグーパンチにより不正と闘ったのだ。公共的・文化的使命を果たしたと・・・
 
 
まあ、さすがに、こうは言い訳できないか・・・。
 
 
ならば、こう言おう。
 
 
『がしかし、出来事の現場を踏み、当事者に直接会って取材することを基本とする朝日。特に、記事で批判の対象とする可能性がある当事者に対しては、極力、直接会って取材したい。タクシー運転手と真のパートナーとなるため、朝日社員とタクシー運転手は、それぞれ果たすべき義務と責任を誠実に担い、気に入らないという一点だけでシバきつつ、相互の信頼関係を高め、労働関連法規などを順守して、十分な配慮を持って行う共同作業(揉み合い)も試みたいという気持ちがあったのだ。がしかし、朝日のジャーナリズム精神を体現したにも関わらず、なんか知らんが通報された。』
 
 
という方向で話を進めろ。
 
 
 
 
<財政再建が政府最大の課題になり経費節減が叫ばれてきたのに、役所の体質は一向に改まらない。各省庁での娯楽費の野放図な使い方をみても、役人は税金を自分のお金だと勘違いしているのではないか。これでは、真っ当に仕事をしている人まで国民から疑いの目で見られるようになる。>

捏造・偏向等が、朝日の課題と叫ばれてきたのに、朝日の体質は一向に改まらない。朝日グループ企業が「愚(の)ループ」と感じている読者に対し、「知りたいこと」を伝えるだけでなく、それほど「知りたくないこと」も時に書かねばならないと言いつつ、朝日として「書きたくないこと」は書く気がない・・・のを見るまでもなく、・・・朝日は勘違いしているのではないか。これでは、真っ当に仕事をしている一部のメディアに携わる人間まで、世間から疑いの目で見られるようになる。
 
 
 
 
<高齢化により増える福祉費用の財源をどうやって確保するか。他の削れる予算を福祉へ回したうえで、国民にも新たな負担を求めなければならなくなるだろう。お年寄りの医療保険制度が問題になっており、時間はない。>

相次ぐ不祥事にどのように対処するか。朝日新聞に携わる人間は勝手に育つのではなく、適切な売国のプロとしての知識と取材力を兼ね備えた教育訓練によって育てなければならなくなるだろう。捏造・隠蔽が問題になっており、時間はない。
 
 
 
 
<そもそも社会福祉の制度は、政府への信頼が基本になければ成り立たない。そうした仕事をこの政府と官僚は担っていけるのか。「居酒屋タクシー」はそのことを突き付けている。>

そもそも、朝日の制度は、宗主国からの信頼が基本になければ成り立たない。そうした仕事を、この暴力装置を持つ戦略本部長補佐の平井氏が担っていけるのか。
 
 
「時間の流れとともに、読者の皆さんの知りたいニュースは変わる。」だから、違う大きなニュースをぶつけろという指示が出ているかどうかわからない。日曜日だから報道ステーションがなかったことも幸いした。
 
 
が、この事件で仮に平井容疑者が処分され、朝日内部の組織が一部変わろうと、実は一人一人の仕事の基本は、これまでも、これからも変わることはない。
 
 
「朝日新聞社員、タクシー運転手殴り逮捕」はそのことを突き付けている。
 
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
クドクドと書きましたが、「お前が言うな」というところに行き着きますね。
ブーメランもありぃの・・・。ホンマ、朝日って・・・。
 
 
 
 
 


やらしいわ~
 
 


やらしいやろ
 
 
 


そんな記事でもありました・・・。
 

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

333  332  331  330  329  328  327  326  325  324  319 
本日の独り言・9 安倍前首相の講演(6/12)のメモ。
忍者ブログ [PR]