忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

安倍首相が激怒した件ですが、時系列で。全文いっとけ。
という感じです。
 

首相、週刊朝日記事に激怒「記者は恥ずかしくないのか」
安倍晋三首相は24日夜、朝日新聞社発行の「週刊朝日」(5月4日・11日号)が、長崎市長銃撃事件の発生に首相秘書のトラブルが関係していたと受け取れる記事を掲載したことについて、「まったくのでっち上げで捏造(ねつぞう)だ。こんな記事を書いた記者は恥ずかしくないのか。私や私の秘書が犯人や暴力団の組織と関係があれば、首相も衆院議員も辞める考えだ」と批判し、朝日新聞社に強く謝罪を求めた。
首相官邸で記者団の質問に答えた。首相が進退にまで言及し報道に抗議するのは極めて異例だ。
首相は「週刊朝日の広告を見て愕然(がくぜん)とした。私や私の秘書にも家族や親族がいて、子供もいる。これは言論によるテロではないか。報道ではなく(倒閣を目指す)政治運動ではないか」と述べた。
記事は「長崎市長射殺事件と安倍首相秘書との『接点』」。警察庁幹部の証言として、首相の元秘書が市長銃撃の実行犯、城尾哲弥容疑者が所属する暴力団に脅かされ警視庁が捜査に入り、長崎県警に一切情報提供をしない中で事件が起きたというもの。
(2007/04/25 05:02)
 
 


山口一臣・週刊朝日編集長の話 一部広告の見出しに安倍首相が射殺犯と関係があるかのような不適切な表現がありました。おわびいたします。
(25日付朝日新聞)
(朝日のネットではすでに「お探しの記事は見つかりませんでした」となっています)
 
 


首相秘書らが朝日を提訴 謝罪広告掲載など求める
安倍晋三首相の公設秘書らは9日、長崎市長銃撃事件に関係があるかのような記事や広告を掲載され名誉を傷つけられたとして、「週刊朝日」の編集長や発行元の朝日新聞社と記者を相手取り、謝罪広告の掲載と総額5159万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。
訴状では「週刊朝日」の記事や朝日新聞に掲載された広告により「安倍事務所の秘書らが、銃撃事件の容疑者が所属する暴力団から脅されていたとの事実に反する印象を強く与え、原告の社会的評価を著しく低下させた」としている。
問題となったのは「週刊朝日」の5月4、11日合併号の記事と広告。首相は先月24日、「全くのでっち上げで捏造(ねつぞう)だ。いわば言論によるテロではないかと思う。これは報道ではなく政治運動ではないかとすら言いたくなる」と激しく批判していた。
4月28日付の朝日新聞や「週刊朝日」5月18日号は「おわび」記事を掲載したが、訴状では「全く事実に反する誤った印象を再び強く読者に与え、原告の社会的評価を著しく低下させた」としている。
(2007/05/09 14:36)
 
 
私がこのニュースを見て一番伝えたいなと感じたのはこれです。
星野阪神が好きだった私の代弁を辛坊治郎氏がしてくれています。
 
<星野は審判の判定に、他の監督ほどは抗議をしない。しかし、はっきりとした例外がある。それは選手自身が激しく抗議したときだ。中日の監督就任直後の対広島戦、選手同士が乱闘になったとき、星野は先陣を切って「戦い」に参加し、あっという間に退場になった。どんな時でも、自軍の選手は守る。この思いを態度で示すことが、信頼につながるのだ。>
 
 
なぜか阪神の話題になりましたが、もうこうなったら全文引用します!
少し古くてギャップを感じるところはありますが、実に面白いです。
おそらく多くの有志の方々が朝日を袈裟斬りにされると思うので、
そうなると私の斬る所が無くなってしまいそうですから、
私は方向指示器を出しつつ、星野阪神の話題に。
 
 
どうした阪神、頑張れ阪神!

提案ですが、代打に私を使ってみてはどうでしょうか?
 


週刊
辛坊(全文引用)2003/10/31
(引用始め)
まさか本当にそんなことをするやつがいるとは!NTVプロデューサーによる視聴率をめぐる不祥事を聞いて素朴にそう思う。テレビ局で働くものなら、一度や二度は冗談まじりに、同じようなことをしたいと、口にしたことがあるだろう。しかし、冗談で言うのと、実際やるのは違う。この問題は、また稿を改めたいと思うが、それにしても、視聴率は一つの数字、人類は、この数を表す記号の連続を手にして文明を生み出し、その隠れた力に翻弄され続けてきた。

 数字には魔力がある。
陰の数字、陽の数字、魔法の数字、呪われた数字、幸運の数字。
洋の東西を問わず、その不思議な力に、人々は望みを託し、あるときは、恐れおののく。
今週は、そんな数字の中で、私が今一番気になっている数字ついての一考察だ。
 「77」古来東洋では奇数は陽の数字。陽とは日の当たるところ、天地二元気のうちの一つで、積極、能動を表す。この陽の数字が二つ重なるのだから、これは縁起がいい。とりわけ七は、野球の世界では西洋ではラッキーセブン、どんなに負けていても気分一新、総攻撃をかける回の象徴だ。
星野は阪神の監督を受けるに当たって、背番号にこの数字を強く希望した。そして、もう一つ単に縁起がいいだけでない隠された思いが、この数字には込められている。背番号77と聞いて思い出すことはないだろうか?そうだ。現役時代の栄光の背番号16を捨てた川上は、この数字を背負ってジャイアンツの采配をふるい、V9の偉業を達成した。
セリーグで優勝を決めた星野監督が、民放のバラエティー番組に出演したときに、その隠された意味がはっきりと姿を見せた。星野はこう言った。
「監督をやって失敗すれば、すべてのキャリアを失う。監督で、“勇退”と呼べるのは川上さんくらいじゃないですか。」
この背番号77には「どうしても勝ちたい。」「野球人生の総仕上げを、したい。」という星野の熱い思いが込められていたのだ。
しかし凡人はここで終わる。縁起を担いだことだけに満足して、そこから先の努力を怠るのだ。
 星野は違った。どうしても勝ちたい!この思いを、「勝ちたいんや!」という言葉に託して、2003年沖縄キャンプの初日に選手に示した。カルロス・ゴーンが口癖のように言うのだが、まず、組織にはっきりとした共通の目標を示すことが、組織再生の第一歩になる。
また星野はチームを厳しい目で分析し、誰よりも客観的にその弱点を認識した。そして、OB出身の監督では決してできなかったであろう、17人の自由契約を含む24人の選手のリストラを断行する。これは確かに非情に見えるが、星野はこう言う。「クビにした17人のうち、10人以上を他球団が拾いに来たら、俺は監督を辞めようと思っていた。結果、他球団から声がかかったのは3人。つまり、どうにも使い物にならない選手を十人以上、阪神は抱えていたわけや。未来がないのに、ここで(球界で)時間を浪費さすのは、彼らにとっても気の毒や。はように他の人生を見つけさすのも親心や。」
 プロ野球の支配下選手枠は70人。リストラで空いた大きな枠を、今度は的確に埋めてゆく。金本、野口、下柳、そして誰もが実力を認めるものの、トラブルメーカーとして悪名高い伊良部。それぞれが打の主軸、矢野に代わる二番手捕手、左の先発、そして確実に勝ち星を計算できるローテーション投手となった。どの補強にも、「勝ちたい!」という星野の強い意思が感じられる。
この補強は、長年ぬるま湯に甘んじて、クビにならない程度に働くことが習い性になっていた選手たちの尻に火をつけた。正捕手の座を脅かされた矢野、外野の守備位置を失うかもしれない赤星、出番そのものが危うくなった片岡、いずれもが前の年とは別人のような活躍を見せることになる。
 そして、田淵、達川、西本、岡田、和田、いずれも一枚看板で監督を張れるクラスの人材を、コーチという中間管理職に配し、それぞれの担当分野での責任を明確化させた。星野は、選手を怒りたいときに、あえて、その選手の前でコーチを怒る。それも、陰で怒らずに、他の選手全員の前で怒る。そのことで、何が問題なのかを共有させ、さらに自分のミスが、他人に迷惑をかけることを、選手らに思い知らせた。また、地位が低いものより高いものに、給料が低いものより高いものに厳しいのが星野の真骨頂だ。
 怒るだけではない。「気持ちよく仕事をするための基本は家庭にある。」この信念の下に、星野は、選手の妻、子、親の誕生日にプレゼントを贈り、手紙をしたためた。
星野は審判の判定に、他の監督ほどは抗議をしない。しかし、はっきりとした例外がある。それは選手自身が激しく抗議したときだ。中日の監督就任直後の対広島戦、選手同士が乱闘になったとき、星野は先陣を切って「戦い」に参加し、あっという間に退場になった。どんな時でも、自軍の選手は守る。この思いを態度で示すことが、信頼につながるのだ。
 人は逆境のときにこそ真価を問われる。星野は、勝っている試合でも絶対に笑わないが、負けている試合でも絶対に弱みを見せない。そして試合をあきらめていないことを、誰よりも力強く全身で示す。ベンチで先頭に立って声を上げる。監督が声を上げているのにコーチが黙っているわけにはいかない。控えの選手までがいつの間にか大声を上げている。優勝までに、阪神が決めた逆転勝利は実に38試合。ここに今年の阪神の強さがある。
 数字には力がある。強い意思や願いという形のないものを、目に見える形に変える力が。背番号77。この数字に込められた思いに、自らが暗示にかかるかのように走り続けた星野阪神。強さの秘密はここにあった。
 そして日本シリーズ、六戦目の先発は誰が考えてもムーア、負ければ七戦目に井川というのが常識だったろう。しかし星野は、伊良部を先発に起用した。気持ちは痛いほどわかる。結果は、、、もう言うまい。引退会見での、本心からの晴れ晴れとした笑顔を見れば、一切の批判に意味が無いのがよくわかる。ありがとう。お疲れ様。

 そして、ここに一人、現役時代、川上と同じ栄光の背番号16をつけていた男が、満を持して登場する。これを書いている時点で背番号の発表はまだない。さて、岡田は監督としての背番号に何番を選ぶのか、そして、その番号に再びどんな歴史が刻まれるのか。

 シーズンが待ち遠しい。
(引用終わり)
 


星野監督は熱かったですな。

岡田監督は背番号、80番ですが・・気にしないくてもいいでしょう。
 
 
 
しかし、監督っ!東京ドーム負傷者第一号ですよね。
東京ドームのこけら落しの試合で、一塁手前でコケ、
その反動で顔面をベースに強打しましたよね!!

伏せておきますから、大丈夫です。(何が?)
 
 
「闘志溌剌起つや今 熱血既に敵を衝く 獣王の意気高らかに」
 
 

9連敗・・。藤川も13日ぶりだったことですし・・。

猫退治と言った奴・・・。うぬぅ・・もうちょっと待っとけ・・・。
ハハハハッハ・・歯 (壊)




PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

77  76  75  74  73  72  71  70  69  68  67 
微笑ましい風景です 横山ノックさん
忍者ブログ [PR]