忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
04

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この春からのドラマでは「おせん」と「ROOKIES」(←ここだけの話)は見ていました。
 
 
で、「おせん」の内容については最終回が尻下がりでちょっと残念でした。ポニョの歌は頭の中で繰り返されませんでしたが、「ROOKIES」の主題歌は繰り返されております(苦笑)
 
 
しかし、秋に特集、来春に映画化決定という『おきまり』の流れで・・・ちょっと不満です。映画館にまでは普通行かないでしょう・・・。
 
 
昔、「少年ジャンプ」で読んでいたはずですが、ストーリーが「ろくでなくBLUES」と被って記憶が定かではありません。
 
 
もの覚えが悪いというか、すぐに忘れてしまいます。
 
 
あれだけ私が坊やだった頃に流行っていて、かつよく観ていたガンダムなんかもかなり怪しいです。「ジークジオン!!」といわれても「あ・・あぁ・・・ジークジオン・・・」となり、返せる言葉がない(笑)
 
 
しかし、戦国時代は好きです。ちょっとだけ他よりも覚えています。
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
歴史上の人物の中で「戦」で勝ち続けた人というのはいないと思います。しいて言えば上杉謙信でしょうか。名前はあげませんが、誰もがどこかで負けています。
 
 
しかし、天下を獲ったのは負けを経験した人達というのが面白い。
 
 
例えば、徳川家康にしても武田信玄に、織田信長にしても越前攻めでは浅井長政の裏切りにあい敗走しています。名の通った武将はことごとく一度はとことん負けた、散々な負け方が多いというのも共通点だと思います。中国の漢の高祖劉邦の百戦百敗は有名だと思います。
 
 
しかし、彼らはそのような強烈な敗北を教訓として軍事を再編成し、「危機」を「機会」に変えて、『強い軍団』に生まれ変わりました。
 
 
次に向けての行動の始まりが反省です。「反省」も振り子が触れすぎると「自虐」となり、その反省をもとに問題を克服すれば「教訓」となります。
 
 
日本の自虐史観なるものはこの最たる例だと思います。逆に言えば本当の意味で先の戦争を克服すれば「教訓」となり、強い国になります。(軍事的にという意味ではない。ゴロゴロと転がっている言葉を使って有り体にいえば、他人に勝つのではなく自分に勝つということ)
 
 
話は逸れますが、中国あたりは、これからは朝日新聞の象徴されるようなサヨクではなく、自民党等の保守派といわれる人や、日本の経済界の要人というキャスティングボードを握っている人達に接触し、親中派を作っています。これは中西輝政氏が言っていたと思いますが、現にそういうことが見受けられます。
 
 
中国はそれが実現できれば、今まで付き合っていた少数派の社民、共産、自民・民主の売国奴はどうでもいいというか、宗主国様とすがりつくそのような輩を斬り捨てるでしょう。
 
 
話を戻します。
 
 
「チャンスの前髪を掴む」というような言葉があります。
 
 
往々にして、「チャンスは災難の仮面を被ってやって来る」とも言われます。
 
 
つい、避けてしまいそうです(笑)
 
 
それを見極めて、かつ負けたことを次の勝ちに生かすためには、その間にどれだけ修練していたかが分かれ目になると感じます。
 
 
例えば、人が困った場合、困惑したり、辛かったり、及び腰になったり、嫌悪感を持ったり、不平不満が出てきたりという気持ちは誰もが同じだけ持ちます。
 
 
本質的には「あの人は逆境に強い。私は弱い」というようなことはありません。
 
 
しかし分かれ道となるのは、平時に心を鍛えておいた成果がそこで出る『かもしれない』ということです。
 
 
土俵から押し出されそうになったときに徳俵に足が掛かる。その徳俵を平時から少しづつ築くという作業だと思います。つまり非常時になってから心を強くしようとしても(足場(支え)を作ろうとしても)遅いということです。ズルッといきます。これがあるかないかで勝負の行方は全く違います。
 
 
要は、土俵に足が掛かったならば、もう一度踏ん張ることができるということです。
 
 
最近のニュースを見ると、個人もそうですが、そろそろ日本もそういう時期に差し掛かっていると思います。
 
 
人からやらされる努力は努力でないし、そんなところで足踏みせず、「成功した人は諦めなかった人」という言葉があるように、出来ないのではなく「まだ足りない」という意識です。平時から自分の中で「原因」を作る。原因が出来れば良し悪しは別として「結果」が出ます。
 
 
パスカルだった?と思いますが(間違っているかも)、「無知を恐るるなかれ、偽りの知識を恐れよ」から始めてもいいですし、まず「気づき・知る・考える」ことも必要です。正しいと知ったときに、その信じるものを真似ることから(形から)でもいいのです。
 
 
準備・・・。以前にも同じようなことを書いたかも知れませんが、「精神を凌駕することのできるのは、習慣という怪物だけなのだ」(三島由紀夫)という言葉をもう一度思い出したいと思います。
 
 
 
実は・・・ここから本題だったのですが、偉そうになったので終わります・・・(笑)
 
 
 
 


PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
自虐と言えば…。
『WILL』の水島社長のコラムにウルトラマンガイヤ・コスモスシリーズで怪獣を倒さないと書いてました。

怪獣も地球の生物やし、毒気を抜いて保護するらしいです。

ちょうど、北朝鮮問題が明るみにでた2003年頃からだと…。

そこまでするんですね~


知りませんでした。

幸い、今のウルトラマンは怪獣を倒すらしいです。
後輩 2008/07/31(Thu)12:03:32 編集
Re:自虐と言えば…。
そのウルトラマンの話は聞いたことがあります。

キンチョールのCMとかに苦情の来る時代になりますよ。

もうね、今の怪獣は、昔みたいに愛着がわかないし、

どんどん殺せば(倒せば)いいねん!(笑)

私が子どもの頃は、カラータイマーが鳴るまで待たずに、必殺技で5秒でやっつけたらいいのにとも思っていました。(水戸黄門で、はやく印籠を出せよというのと似ています)


まぁ、私が「プロパガンダ」でウルトラマンを作るなら、相手の怪獣を生かすというか・・・・・・

そんなことをせずに、「ウルトラマン(正義の味方)がしょっちゅう殺される」展開にしますけど。(猛反発必至w)


でも、ワンクールでウルトラマンの兄弟が10人位はいるなぁ・・・。
【2008/07/31 16:57】
いつもためになります。
>往々にして、「チャンスは災難の仮面を被ってやって来る」とも言われます

数ある仮面の中で代表的なのは、「クレーム」だと思います。
あのMOSバーガーの製品の一品に肉をご飯で挟んだ製品がありますが、その製品は一人のクレーム主の発言から生み出されたといいます。
企業名は忘れてしまいましたが、右肩上がりの企業の社長が「クレームには宝が埋まっている」との発言をするくらいですから逆境をいかに利用するかですね。

最近発売された書籍で「サイレントクレーマー」に関するものが出版され、これが企業にとっては恐い存在だとのこと。
またこのサイレントは男女の付き合いにも言えることで、お互いに関心がある時は言い合いをしてケンカになる事もあるが仲直りするチャンスもある、無関心になったら最後、どうしようも出来ない最悪な状態だと。

>「精神を凌駕することのできるのは、習慣という怪物だけなのだ」
感慨深いです言葉です。
あの最強最悪のスタンド使いDIOは、エンヤ婆の持っていた石の矢でスタンドを発現させたのですが、初めから時間を止める事はできなかった。
スタンドとは精神の力を具現化したものですからDIOのスタンドは近距離パワーファイター型でスタンド中最強なのに「時だけは止める事」が出来なかった。

いつも通りの習慣で部下を相手に鍛え鍛錬し、あるとき部下に自分をショットガンで撃たせたところ、自分に弾が当たりそうになった所、いきなりというか急にほんの一瞬とはいえ「時を止める事」が出来た、という経緯があります。
まぁその後は技を磨き5秒、最高で10秒止める事が出来たようです。

何が言いたいかというと、「常日頃の鍛錬」の習慣が、副産物である「時を止める能力」を身に付けたというところでしょうか。
現実のところ、ボクサーや野球選手の相手の動きやボールがスローに見えるという特殊な状態は、トレーニングという習慣化した練習結果の賜物でしょうし。
和食健康 2008/07/31(Thu)13:36:44 編集
Re:いつもためになります。
今度、私もジョジョネタでの更新をひさしぶりにやってみます(笑)

ジョジョって訳が分からない表現で面白いと思うこともありますし、妙に納得する場面も多い・・・その多面性が好きです。名言(迷言)いっぱいありますし。当時、話が進むに連れて(主人公がかわる度に)前後の話がこんがらがる人は多かった思い出があります。


「戦争や経済の崩壊で国は滅びない、道徳的規範が崩壊したときに国は滅びる」というようなことを誰かが言いましたが、日頃から考えたりしていないと、いざという場面で「しっかりしろ」と言われても、その「しっかり」の意味が分からないんですね。いざ、「立て」といわれても立てないのだと思います。日本においてもそういった病理はあると思います。

で、特アに何を期待するのでしょうか。「お前(日本)が立たないと何も始まらない」んですよね。要は、竹島をはじめとする様々な問題は、実は国内問題というケースが殆どかもしれません。

例えば、中国には野党がなく、権力を握った者はやりたい放題です。ときどき役人の腐敗を指摘するメディアの記事はありますが、そもそもなぜ役人が腐敗するかに迫ったメディアは存在しません。胡錦濤は権力中枢から江沢民派の残党追放にほぼ成功しました。全権を握った彼とその一党は、シナ古来の皇帝のように十三億の民の上に君臨します。彼の治世は、彼が死ぬか倒されるまで続きます。そう考えるのが普通だと思います。四千年間それでやってきたのですから。いまさら変えられませんね・・・。
【2008/07/31 17:00】
loveは地球を救う?
>いざ、「立て」といわれても立てないのだと思います.。

まさしくその通りですね。
今回の竹島の件で、今だ存在する日本国民の無関心さ(それとペ・ヨンジュンファンがペに送った「竹島は独島」日本の対応に代わりに謝ります手紙やメール)や日本政府の対応のまずさが露呈したのではないかと思います。

領有権に対して積極的に外に向けて発言してこなかった日本政府の対応が、今回のアメリカ地名委員会の竹島表記を「韓国領」→「主権未確定」→韓国猛反発で「韓国領」表記に戻すようにさせたと言ってもいいかもしれません。

日頃から日本政府がロビー活動や世界発信しておけば・・・韓国のように「とりあえず言っとけ」のような行動をとっておけば・・・

このアメリカの行為を日本側としては静観するようです(静観って・・・静かに鎮座しているお釈迦様!?それとも涅槃像か!?)

それにしても支那(大陸の文明)の四千年の間に培ってきた政治力というのは恐ろしさを感じさせますね。
それはクラウドさんも書かれているように、昔と変わらずの独裁政治を今も引き継いでいる。
外国のメディアだろうが自国のメディアだろうが検閲して自国の有利な情報発信しか許可しない体制。
マクロでは周辺国を武力制圧で我が物として、ミクロでは各国に支那人民を送り込み、中華街を作り勢力拡大。
外からの批判を右から左に受け流し、逆に暴言屁理屈で仕返すしたたかさ。
独裁打倒するのは・・・なかなかですね。
和食健康 2008/08/01(Fri)01:17:44 編集
Re:loveは地球を救う?
>アメリカ地名委員会の竹島表記を「韓国領」→「主権未確定」→韓国猛反発で「韓国領」表記に戻す

米の慰安婦問題の決議なんかにしても、事実に反する非難等を受けた場合、正確な事実をもって反論するのが相互理解の基本では・・・。沈黙は、根拠なき非難を事実として認めるものであり、日本人全員にいわれなき汚名を着せ続けることだと・・・。

今回の竹島の問題でも、そこで終わるのではなく、さらに深刻な状況が生まれることも「予測」したくないという阿呆ですね。

町村も抗議はしないというような、一見「何もしないということをする」という趣旨のことを言ってますが、全然違いますね。

「米政府の1機関がやることだから過剰反応はしない」と言うのであれば、日本の国民が町村や福田に問わないといけないかも知れません。これは国内問題だと思いますから。

中国では五輪のリハーサルの映像の漏洩をしたと韓国を非難してますね。「日本の竹島奪還支持」という声も出ているようですし(笑)ホント都合がいい・・・。韓国も周りに敵ばっかり作ってどうするんでしょうかね・・・。

ただひとつ、良かった?ことは、これも(今回も)外側からの声からという皮肉な形ですが、竹島に関しては日本でも「話題になっている」ということですかね。政治家にしろ無視できなくなってきています。
【2008/08/01 10:38】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

355  354  353  352  351  350  349  348  347  346  345 
またお前か。TBS!(懲りない面々) 大阪府の300万人の反対署名(嘘、ホント?)と進歩政治家と金曜日
忍者ブログ [PR]