忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
04

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャパニーズ・カウボーイのテンガロンハットが似合っていないと指摘する人はいると思います。特に異論はないです(笑)
 
 
で、テレビ(マスターズ)を見ていたのですが、レポーターの芹沢プロはまだいいとして、解説の中島常幸プロ、仮に経験・実績があるのは考慮したとしても、現在戦ってるトッププロに対して・・・・・・後輩にですが、上から目線が過ぎていましたね。特に片山晋呉に対してです。そういうところにダメ出しをしてみる(笑)
 
 
で、片山晋呉、その本人もちょっと変わった性格の人やなぁと思っていましたが、それは横に置いておくとして・・・・・・。先日の片山晋呉。
 
 
最終日前日にはジャケットのサイズを問われたようです。優勝には届きませんでしたが、大健闘だったと思いました。
 
 
「優勝まであと2打及ばなかった。自分に何が足らなかったのか。それを考えるのが最高の楽しみ」
 
 
ゴルフのことは良く分かりませんが、これは分かりました。
 
 
勝っても負けても勝負しないといけませんね。
そもそも、勝負しなければ対処方法も打開策もあるはずがないんですね・・・。
勝負せんと原因も作れませんし結果も出ません。
 
 
で、片山晋呉は追い上げが届かずの4位でしたが、対照的に単独首位をキープしながら最後にプレーオフとなり、敗退してしまい優勝できなかったペニー・ケリー、48歳。
 
 
最終日、優勝したアンヘル・カブレラは離れず引っついてくるわ、前の組のチャド・キャンベラはいいプレーしているというのが耳に入ってくるわ、タイガーとフィル・ミケルソンが猛追して凄い騒ぎになってるわ・・・という感想も言ってました。
 
 
3日目終了した時点で10位にまで順位を上げてきたタイガーと同じことを言います。「I fought hard.(必死に戦った)」と。(タイガーと彼の)異口同音は偶然ではなく当たり前なのだと。
 
 
彼は昨年の全英、全米のメジャーを蹴って批判されましたが、その年のライダーカップ(アメリカ代表)の開催が地元(ケンタッキー州)だったので故郷に錦を飾ることがケンタッキーの人たちへの最大の恩返しと、ライダーカップ1本に絞りました。(故郷を愛する気持ちはやがて理解され、9月のライダーカップは地元の熱狂的な応援に大活躍でこたえる。)
 
 
そんなペニー・ケリーのインタビューを一部抜粋してみます。
 
 
「ここでは歳も取ったし、経験も積んでいた。
これだけ経験があれば大丈夫だと思っていた。これで足りると思っていた。
本当に。でも自分を哀れんだりなんかはしない。これは何回も言っていることだけど、もしこれが人生最大の汚点になっても、俺は十分生きていける、って。本当にそう思ってる。素晴らしい選手は最後の詰めが強い。アンヘルもその一人。これで彼は2つ目のメジャータイトル。俺は2つ逃してるけど、でも俺は2回しかチャンスを掴めていない。1つのショットが勝敗を分ける世界にいる。だから辛い。でもそれがゴルフというスポーツ。メンタルが強くなければやられてしまう。
だから今週の結果は喜ぶことにする。楽しむことにする。
 
 
なるほど。


世界ランキングトップ10に入っていて、常に「僕はスター選手じゃないから」という、
ちょっと暑苦しいおっさんだ(笑)
 
 
・・・・・・
 
 
で、一方、「家族三人で生活できる」と喜んで帰るべきだったコチラ。
 
 
フィリピン国籍のカルデロン一家の問題で両親が国外退去処分を受けてフィリピンに戻り、娘のカルデロン・のり子ちゃんが日本に住むことになりました。
 
 
テレビでそのニュースを見ていると、(以前のインタビューだと思いますが)「歩きながらのり子ちゃんが歌を歌っている」(テロップで歌詞を紹介)というシーンがありました。


わざわざ今の彼女の心情に合う歌詞を持ってきていたのですが、嫁と一緒に笑ったのは「普通、道端でインタビューされながら歌を歌うか?完璧なヤラセやん」という結論だったからです。ホント、笑って申し訳ない(笑)で、マスコミのヤラセ(百歩譲って演出)にしても心に何も響かん・・・。
 
 
というように、この家族も商売道具にされて気の毒な面(もしかしてウィンウィンの関係?)もありますが、国外退去は国外退去です。
 
 
のり子ちゃんのいうように、一番の願いは「成人するまでは一緒にいたい」というのは分かります。実際にその一番の願いを叶える選択肢がありました。そうすればよかった。ただ日本ではそれは無理ですよ、ということ。
 
 
で、タチの悪いのは「のり子は自分のことを守ることができない。」という被害者気分になってそうな親父。じゃ、どうしたらいいかわかりそうなもんですけどね。
 
 
で、なぜ娘は残ったのか(残したのか)。友達がいるから?日本語しか話せないから?
 
 
いや、日本の悪い習慣になろうとしている、打算的な考えや、「そのほうが楽」という部分が大きいのではないか、と私は思います。
 
 
現実に長く日本にいたのであれば(不法ですがw)、「恥」の概念を知っていれば、それを習慣化していれば、自分をつくっていれば、(フィリピンに帰ってからも)なによりの財産となったのではないかと思います。
 
 
同じおっさんでも「何を学び考えたのか」で180度変わってしまいますね。
PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>そもそも、勝負しなければ対処方法も打開策もあるはずがないんですね・・・。
>勝負せんと原因も作れませんし結果も出ません。

TV番組のいい話で、プロボクサー辰吉丈一郎の父親が子供の頃の丈一郎が水辺で遊んでいるのを見て「丈一郎、もし落ちたら泳いでくるんだぞ」と言ったそうです。
他の親なら「水辺には近づくな」というところを、丈一郎の父親は対処方法&打開策を息子自身が考え身に付ける方向に育てたのだろうと思います。

>「家族三人で生活できる」と喜んで帰るべきだった~

違法とはいえ日本にとって有益な効果をもたらせてくれる外国人は法律の壁で強制退去になり、日本にとって無益もしくは害になる思想や行動をとる特定の国(アジア)の人々は、日本国に寄生しているのにも関わらず、特定の人達が特別永住権などというものが得られるなんて不公平感がぬぐえません。










和食健康 2009/04/15(Wed)00:46:25 編集
Re:無題
話は変わりますが、しかし、辰吉は頑張りますね。実際、辰吉の気持ちも止める人たちの気持ちも良く分かるので複雑ですが。

>日本にとって無益もしくは害になる思想や行動をとる特定の国(アジア)の人々
で、間違っている歴史認識や凝り固まった反日思想の人なんかは毒ですね。あと、日本のことが大嫌いな日本人も・・・。
【2009/04/16 15:42】
無題
遼君はコーチと父親が揉めたせいで予選落ちと週刊誌に出てましたよ。

タイガーが言うてたように、焦ってプロ宣言せず、普通の学生生活を送っても良かったかも知れませんね。

何か、遼君のお父さんが背後に見え隠れして嫌な感じはあるんですが・・・。

まぁ、あの子は良い子そうなんで頑張って欲しいもんです。

女子は春らしく、さくらちゃんが早くも1勝しましたけど、藍ちゃんにも頑張って欲しいもんです。

ところで、かおる姫のビキニ姿について一言お願いします。
後輩 2009/04/15(Wed)17:02:09 編集
Re:無題
アメリカでは学校を卒業してからプロになるというのが当たり前とされている面もあるからでしょうね。>タイガー

>かおる姫のビキニ姿について一言お願いします。

ビーチバレーでもトップクラスの実力がないのに可愛いということで持てはやされる人がいるのは周知の通りです・・・「実力が伴って欲しい」というか、一言で言うならば、














「伊藤みどりなめんな!!」

です。はい。
【2009/04/16 15:50】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

435  434  433  432  431  430  429  428  427  426  421 
花も団子も人も。 感謝。
忍者ブログ [PR]