忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
11

1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前置き:本日は憶測が多いです。
 
それぞれの党の中枢に近い人たちですら事実をしっかり把握できていないという
声がありますので・・と、いい訳をしてスタートします。
 
1179の「こんちわ、コンちゃん」をラジオで聞いていましたが、基本的なことを分かりやすく、民主党に温かくも厳しく怒りながらしゃべっているのを聞けば、かなり参考になると思います。

小沢続投路線もズバリ言い切っていましたし、うなずくことが多いです。
 
しかし、そこはコンちゃんに任せて(本当はこの近藤さんの話の内容を書きたかったのですが)、私は違う角度から。
 

大連立の裏に誰にも信用されていなさそうなナベツネ、中曽根等がいるということですが、前回の反省を踏まえ(野球でも宮内等の米の手下に飛ばされましたが)、明らかにアメリカの指示というふうに受け取れます。
 
こちらでも1リーグ制の導入を訴えていると考えると分かりやすいのかも知れませんが、その前に政治に口を出すなと。
 
爺さんの妄想ほど汚いものはないですね。
老害とは晩節を汚すことなのでしょうか。
 
民主党では小沢氏に続投要請が出て、それをご本人は保留していたようですが、菅氏、鳩山氏、岡田氏あたりの首脳陣は党の政策能力を問われると自信ないのがありありだとか、福田首相に対するバッシングが少ないマスコミの態度等には、笑ってしまいそうになりますが、選挙を見据えた場合、そうなれば自民党が一番ほくそ笑んでいるのでしょう。

続投ですが、民主党のアラがたくさん見えましたし、これからも出てきますね。
「柔軟姿勢」とかいって。
 
公明党は小さな胸を撫で下ろしているように見えます。小沢氏のある意味の手腕には感心します。手腕というか、いつもの「らしい」立ち回りですね。アメリカに怒られたのでしょうか。デイビッド・ロックフェラーも来日しているようですし、天皇陛下に謁見されるという話もあるようです。
 
となると、鳩山氏(自民)の奇怪な発言や行動が少し分かったような気がします。
テロリストの友達の友達って、明らかにおかしい発言。
頭がおかしくなっていないと仮定すればですが・・。
 
この一家はお爺さん(一郎)の時代からフリーメーソンという話がありますが、
そうならば、彼らが一番現状を把握しているのかもしれません。
麻生氏を総裁選に担いだり等々して、目を付けられたのでしょうか。
 
「本当のことを、事実を言うと、みんながびっくりしてマスコミが騒ぐ。この国をテロ
から守る。テロリストの怖いのが平気でこの国をうろうろしている。私はその事実
を知っているから申し上げている」
 
これが、真実、あるいは暗に言っていることであれば、彼は国民はおろか多くの
国会議員の知らないことを知ってしまい、狼狽しているように受け取れます。
 
テロリストはアルカイダのようなものばかりではないのでしょう。
スーツを着て、表玄関から来日しているというふうにも受け取れます。
 
そして、シティグループのプリンス会長兼CEOの引責辞任の後はルービンさんという声があります。ああ、そうですか。最大110億円(約1.25兆)の追加評価損ですか。
 
自由貿易、自由経済という謳い文句を高らかと掲げている国は、
簡単にそれを捻じ曲げ、
国の管理ポストにぶち込んで管理し、
そして浮上させようとする国ですね。
 
その余波で整理ポスト行きになった、たくさんの日本人や企業がいるようですし。
 
整理ポスト行きから復活したとしても、読売さんのトップのように、
手先にしかならない訳で。

悪魔に魂を売るという感じがします。
 
 
そういえば、先日来、たて続けにテレビで「バイオハザード」のⅠとⅡを見ました。
(詳しい内容はネタばれのためあえて書きませんが。といっても古い映画ですが)
 
登場する「Tウイルス」とは恐いですね。
 

自分の子供の足が悪かったために博士がTウイルスを発明したのを、アンブレラ社が利用して・・・。
 
アンデッド(ゾンビ) ケルベロス、リッカー、元仲間も利用されアンデッド(ゾンビ)に(最後心は残っていましたが)が生まれました。
 
そして、アンブレラ社がアンテッド等に手を付けられなくなって核をその地域に落とす。
 
Ⅱでは各社マスコミの捏造があり、核施設の放射能漏れという記事に摩り替わる。
 
感染している主人公のアリスは再度、身体に何か施されたのか・・・。
(実社会では第一子をもうけた)
 
では、続きはⅢで・・・。(日本も今ココ?)
 
アメリカ映画というのは、娯楽映画にも思想や風刺が一杯ですので、
空恐ろしくなるわけです。

この場合の核は何を意味するのでしょう。
 
重要なヒントというか提言・・・
 
もしも「予告」が含まれていたら恐いなあと思う次第です。
 
 
 
大急ぎで書いたので、含みが多すぎて抽象的にもなったかな・・・。
 
まいっか。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

213  212  211  210  209  208  207  206  205  204  203 
世の中には魚を捕らえる人と、ただ水を濁らせるだけの人がいる 井川はどこ行ったんや。
忍者ブログ [PR]