忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
聖火リレーは中止に追い込まれるかも知れませんね。
消火リレーがサンフランシスコでもコース変更したようにリアル鬼ごっこみたいになっております。ロンドンでは中華街を走っていましたが、安全地帯ですか。そんな遊びがあったような・・・。
 
 
国際オリンピック委員会(IOC)が世界の各都市を巡る「国際ルート」の中止を検討することが分かった。IOCは北京で10日から予定していた理事会に先立ち、9日に緊急理事会を開催する。
 
 
サンフランシスコは実施。そのあと検討ということらしいです。
 
 
ひとつ嬉しいことは、中国の虐殺や弾圧に対して、世界の多くの人の関心を引いているということです。
 
 
ここでも日本が後手にまわる可能性がありますが、そういった首長や国会議員の態度や発言に注意したと思います。必ず後で己の首を絞めることとなるでしょうから。
 
 
チベット騒乱を振り返るにあたり、歴史的な流れも書かれているので、ご存知とは思いますが引用します。
 
 
【櫻井よしこ 福田首相に申す】チベット弾圧抗議せよ
(引用始め)
いま、どの国よりもチベット問題で中国に物を言うべきはわが国である。
 
日本は、武力よりも、民主主義と国際法、人間の自由、文化・文明の尊重を以て戦後の道を切り開きたいと望んできた。同時に米国の占領政策によって、日本文明の粋を失う哀しみを味わってきた。だからこそ、ダライ・ラマ14世が「チベット文化の虐殺」と呼ぶ中国の弾圧に、率先して抗議しなければならない。日本と多くの価値観を共有し、日本に友好的であった国、チベットのために発言することは、日本が依って立つ基盤を守ることである。福田康夫首相が望むよき日中関係の構築も、日本が発言して初めて可能になる。
 
しかし、チベット人の抵抗運動について、首相は「中国の内政問題」とし、「人権にかかわるようなことがあれば心配、懸念を表明せざるを得ない」と語るにとどまる。弾圧の中の沈黙は中国共産党の共犯者となることだ。
 
中国のチベット侵略は1950年6月の北朝鮮の韓国侵攻以前から始まっていた。人民解放軍の調査隊がチベット軍の前哨基地があった東チベットのデンゴに入ったのだ。10月、彼らは東チベットを襲い、わずか11日で占拠した。
 
翌年5月、中国共産党はチベットに17条協定への署名を強要した。協定は、まず、チベットは祖国(中国)の大家族に復帰するとうたい、事実上、チベットが中国の一部だと明記した。だが、甘言も書き込まれていた。チベット軍は中国人民解放軍に吸収されるが、チベットの仏教、信仰、風俗習慣は尊重され、僧院も保護されると明記されていたのだ。
 
亡命を視野に入れていたダライ・ラマ14世は16歳、法王を取り囲む僧たちの17条協定についての意見は分かれた。身ひとつで亡命する、過酷な運命の予兆におびえる者もいた。そして彼らは若き14世に説いた。「われわれが中共を刺激さえしなければ、仏教が弾圧されることはない」と。
 
51年9月、法王が開いた議会では、結局、毛沢東のチベット支配は象徴的支配にとどまり、僧院も仏教も、ダライ・ラマの神聖さも侵されはしないという希望的観測を結論とした。結果として、法王は「チベット地方政府」の名において、毛沢東に17条協定承認の手紙を送ったのだ。
 
この半世紀余の歴史を振りかえれば、チベットと台湾に対する中国人支配の構図が似通っているのに気づかされる。共産党か国民党か、イデオロギーは異なっても、彼らは異民族支配の第一に中国人への同化政策を置く。
 
チベットで、中共軍は17条協定をすぐに反故(ほご)にして、寺院の9割以上を破壊し、財宝を奪い、仏教を否定し毛沢東主義、共産主義の学習を強要した。今回の、3月10日以来のチベット人の抵抗に直面して、中国政府は僧侶らに対する共産党大会の文献学習や愛国主義教育を強化したが、同種の政策はすでに60年近くも続いてきたのだ。
 
さらに、チベット人からチベット語を奪い、中国語を習わせた。子供へのチベット語の命名を禁じた。
 
 
 
人民解放軍の兵士をはじめ、多くの中国人をチベットに送り込んだ。中国人男性とチベット人女性の結婚は許すが、その反対は許さないのだ。こうしてチベット人は宗教と言語と民族の血を奪われつつある。
 
中国は、チベットは中国領で、当然だと主張する。しかし、チベットは歴史的に見て中国の一部ではない。清国政府はチベットの宗主国としての立場を主張したが、チベットを支配したわけではない。
 
国民党も台湾を一度も支配したわけではなかったけれど、中共との戦いに敗れて逃れた先の台湾を自分たちの領土だと宣言した。
 
両者の主張は日本固有の領土の尖閣諸島や東シナ海に対する主張と同じである。チベット問題は台湾問題であり、尖閣問題であり、より大きな枠組みでの日中問題なのだ。
 
チベット人がいま、命を賭して訴えているのは、彼らが最も大切にする信仰を軸としたチベット民族としての暮らしを守る戦いを、21世紀の文明社会はただ傍観するのか、それでよいのかという問いである。確実にチベット民族の消滅につながる中国の弾圧に目をつぶり、北京五輪を支援するのかと問うているのだ。
 
人権にかかわれば、と首相は語った。答えは明らかだ。幾千年も続いたひとつの高貴な文明が弾圧の末に滅されようとしているのである。
 
文明の危機に直面する深い哀しみを共有する日本であればこそ、首相は中国に、直ちに抗議しなければならない。国際社会の前で、ダライ・ラマ法王と話し合い、チベット人虐殺と弾圧を止めよと。国際機関をチベットに常駐させ、チベット人の望む高度の自治を実現させ、チベット仏教の再生を可能にせよと。
(引用終わり)
 
 
分かりやすくまとめておられると思います。
文中にもありますが、チベットに限ったことではありません。
以下もメモとして残しておきます。
 
1949年 東トルキスタン侵略、占領(ウイグル大虐殺)、民族浄化継続中
1950年 大躍進、文化大革命3000万人大虐殺開始
1950年 朝鮮戦争参戦
1951年 チベット侵略、占領(チベット大虐殺)、民族浄化継続中
1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
1989年 天安門事件
1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
2003年 スーダンのダルフール大虐殺を強力支援
2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘
 
 
今日、ダライ・ラマ14世が来日するにあたり、政府は中国に配慮し、「政府として接触する予定はない」ということで、亡命先のインドが安倍前首相の昭江夫人との面会をセッティングしました。欧州連合はダライ・ラマ14世を12月に欧州議会に招く考えを表明。個人的な面会と議会に招くという欧州。この違いは何でしょうか。日本は各国から信頼に足る国とは思われないのは残念です。非常に情けないことだと思います。
 
 
 
普段はしょうもない事で騒ぐ、売国メディア、自称コメンテイター、左巻き政治家とその政党、人権団体、著名人等。中国に抗議する気すらないような輩が多すぎると思います。このままでは各国に悪影響を撒き散らしながら中国は崩壊します。上記のような輩も、再度しがみつく所を探さないといけないでしょう。その時だけ必死になるという構図が見えます。所詮そういった人物はくだらない偽者なんです。
 
 
 
 
 
暴力停止訴え=聖火リレー妨害でダライ・ラマ
「五輪の中国開催を支持しており、開催国として十分な国だ」とし、チベット暴動が起きても考えに変化がないことを強調した。
 
 
ダライ・ラマ14世が来日しました。
 
ステーキを出されたから何だ?阿呆か。皆さん、報道の捏造、偏向、中国にとって都合のいいようなつなぎ合わせ、印象操作をよく見て頂ければと思います。報道規制も入っているようです。これではメディア等からの「日本発」の呼びかけは期待薄でしょう。
 
 
Dalai Lama arrives in Japan
Japan's government has been relatively quiet about the violence in Tibet and, out of deference to Beijing, does not deal officially with the Dalai Lama
 
「日本の政府はチベットの暴力に対して比較的静かで、北京に対する敬意から、公式にダライラマに対処しません。」
 
(訳がおかしいのは勘弁してください。ニュアンスで感じてください(苦笑))
 
 
CNNはダライ・ラマ14世の来日をこのように伝えています。政府は何もしていません。CNNはまだやわらかい表現におさえていると思います。
 
 
政治「家」であれば、「やる気なんか出さなくてもいいからすぐにやれ」と言いたくもなります。国を憂う議員、これこそあなたたちの出番じゃないのかと思います。
 
 
ここには一部しか抜粋していませんが、最後に上記のヤフーのヘッドラインの記事と読み比べてください。この記事だけでも内容の飛ばしが分かると思います。
 
 
来日したダライ・ラマ14世が会見 北京五輪支持も暴動については国際機関の調査求める
あえてこの写真を使うのもどうかと思いますね。
 
(一部抜粋)
ダライ・ラマ14世は「わたしはとても悲しい。わたしを『悪魔化』しようとしている。わたしには、こんな角は生えていません。問題は、チベットに発言の自由がないということです。ですから、わたしたちは意図的に、民主主義と発言の自由を広めようとしたのです」と話した。
(中略)
ダライ・ラマ14世は「3月10日以降、チベットでは数百人が殺され、数千人が逮捕されています。わたしは国際社会、特に中国政府に対して、徹底的な調査を現地で行うように求めました」と述べた。
そして、「オリンピックに招待されたら?」との質問には、「ノー」と答えた
 
 
おかしいことだらけだと思いませんか?これがいくつもの記事やニュースで行われています。明らかに報道の偏向だと思います。
 
PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
前ファーストレディーが行くだけでもマシなんでしょうか?

逆に彼女なら行かない方がいいのでしょうか?

こんな時に何故、保守系議員が面会しないのでしょうか?

教えて下さい。

エロい人
後輩 2008/04/11(Fri)11:39:51 編集
Re:無題
昭恵夫人が面会するのが精一杯なんでしょうね。
それが「政府の方針」でしょうね。国会議員は絡むなという中国からのお達しはあったようです。政府は一日だけだからやり過ごすのが吉ぐらいの考えですな。
そして、野党はある意味賛成ですから、問題提起の声すらあがりません・・・。


後輩さんのような疑問がメディアで流れないことがおかしいと思います。
【2008/04/11 15:22】
デイリースポーツ
Webで見たのですが、アッキーがダライラマとKY面会 との見出しで報じておりました。メッチャムカつきました!

フクダを選択したツケが怒濤のようにきていますね。
近江謄写堂 2008/04/11(Fri)21:08:45 編集
Re:デイリースポーツ
阿比留氏のところからですが、

「もっとばんばん書いてたたいてください。このままじゃ日本は世界から、中国市場に目がくらんで人権を無視している国だと思われる」と言ってきた外務省職員もいます。

その一方で、

「昭恵さんがダライ・ラマ氏がいるホテルに入ったのを、わざわざ中国大使館に通報した日本人記者がいる」

ということが書いてありましたが、

私(←阿比留氏)が昭恵さんのダライ・ラマ氏との面会について話した複数の外務官僚は「非常によかった」と評価していました。

と、ありました。

私(Cloud)はKYという印象は受けませんでした。


やはり、日本の中に悪い奴がいますね・・・。
【2008/04/12 08:55】
もしかして
コメント記入めさ久しぶりですか??

媚支那どもの言い訳は『今回のダライ・ラマ猊下は来日ではなく、アメリカ行く前にちょっと立ち寄っただけ♪』なんですよねー。

だ か ら 何 ?


って感じではありますが、本当に情けないことです。
canako 2008/04/11(Fri)21:09:41 編集
Re:もしかして
>だ か ら 何 ?
そういうことです!
文脈が明らかにおかしいですもんね。


長野市における聖火リレー概要
日  程:2008年4月25日(金)聖火出迎え 羽田空港(予定)
2008年4月26日(土) 8:00(予定)~13:00(予定)
出発式/8:00~8:30(予定)  会場・善光寺
聖火リレー/8:30~12:15(予定)  コース・長野市内
到着式/12:00~13:00(予定) 会場・若里公園

ルート(pdf)
http://www.city.nagano.nagano.jp/upload/1/taiiku_lane.pdf

これも変更になりそうですね。

こういうのも報道されないかもしれません・・。↓

長野では既に中国人からの予約があります。
一軒のホテルは貸切りになったという話もあります。


de,ひさしぶりですね(笑)
【2008/04/12 08:54】
オランウータン
福田は・・・誰かあの親中派を懲らしめてやれないものか。
「中国はチベット人権問題に対して前向きに考えている」
風な事をノタマッテました、カルピス原液飲みするくらい呆れましたよ。

あと長野聖火リレーに対して、中国がつけてきた注文の内、「プラカードを掲げる事を禁止にしてくれ」などと注文してきたそうです。

支那の辞書に「内政干渉」という言葉しか載っていないのでしょうか・・・

和食健康 2008/04/14(Mon)23:33:53 編集
Re:オランウータン
今回の中国の問題で、福田をはじめ中国を擁護する連中は、これが政治屋としての「生きる道」なんでしょうか。

たしかに・・・・お願いでもなく、命令口調で内政干渉してきますね。
中国の応援団も金払って雇ったサクラでしたし、痛いところをつかれるとすぐ逆ギレしますしね。はっきりと日本の態度を示せる場面ですから、この機会をグダグダにしないで欲しいと思います。
【2008/04/15 09:22】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

302  301  300  299  298  297  296  295  294  293  292 
映画「南京の真実」と、映画「靖国」 フリーチベット(スポーツと政治)
忍者ブログ [PR]