忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
07

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は日中は働いています。
自然と余計な勧誘等の電話は嫁が取ることになります。
 
たいした内容でなければ私まで伝わってきませんが、そんな電話に紛れて発覚したことがあります。
 
なぜ電話番号を知っていたのかは分かりませんが、「○明党の○○と申します」と過去に何度かかかってきたということを知りました。知らなかった・・。冗談じゃない。もちろん今回も。
 
妻が応対します。
 
「うちは選挙権がありませんから」
 
はい、おしまい。
 
 
というわけで、皆さん、ご機嫌イカンガですか。
 
まずトップはそんな公明新聞よりお送りします。
一般紙にも書かれていますが、詳細を知らなかったという人が周りであまりに多かった・・。
 
基礎年金」受給できない人が続出
消えた「7万円」
29日(日)に投票日を迎える参院選の戦いも残すところ6日になったが、民主党がマニフェストの目玉に掲げる年金改革案の「欠陥」がいよいよはっきりしてきた。公明党への投票依頼をする際、この点も声を大にして訴え切っていきたい。
民主党の年金案の骨格は、(1)すべての年金制度を一元化して、基礎年金(最低保障年金)は全額、税でまかなう(2)消費税率(5%)を据え置き、全額を年金財源に充てる――というもの。同党は、すべての国民が確実に年金をもらえる制度に生まれ変わるかのようにアピールしている。
ところが、最低保障年金といっても、年金で一番大事な「いくらもらえるか」がはっきりしない。2005年の衆院選マニフェストでは「7万円」と明記していたが、今回のマニフェストからはこの数字が消えてしまった。
しかも、制度の抜本改革を提言しておきながら、実はマニフェストの年金制度改革の項目には、最低保障年金の給付額だけに限らず、何と「数字」が一つも出てこないのである。財源の裏付けも極めていい加減だ。民主党は、最低保障年金を実現するために、現在の消費税収(約13兆円)を丸ごと充てると主張する。現在の年金制度では基礎年金の給付に約19兆円かかっている。民主党の主張する財源案では6兆円も不足してしまう。このため、民主党は高額所得者への支給を制限する案をマニフェストに明記した。
しかし、一体いくらの年収から支給制限されるのか数字がない。数字を出せと追及されてはじめて、年収600万円以上の人から段階的に給付額を減らし、1200万円以上の人は給付をゼロにすると言い出している。
この支給制限の方法で不足財源6兆円を穴埋めすると、単純に計算しても、3割程度の人が最低保障年金を一切もらえないことになってしまう。
加えて、厚生年金受給者のうち、生涯の平均賃金が600万円以上の人の割合は約24%にすぎない。このため、民主党の所得制限案では財源が不足し、その不足分の手当てには、さらに低所得者まで支給制限を拡大しなければならなくなる。
結局、民主党案による最低年金の支給カットは「高額所得者」だけで済むものではなく、「中低所得層いじめ」になってしまう。
移行時期も問題だ。いつ新たな年金制度に完全移行するかと言えば、驚いたことに「40年後」だという。これもマニフェストには書かれていない。
マニフェストでは給付額、財源、移行時期などを具体的に示さずに、「信じられる年金に改める」と強弁するだけでは、「有権者だまし」の年金案と批判されても仕方あるまい。
 
 
と政治部が言っております。
以下に小沢さんと安倍さんの答弁を抜粋します。
 
 
年金改革:給付、所得制限も論点に 民主、額明示で与党から一斉批判
民主党はマニフェスト(政権公約)で年金改革について「基礎(最低保障)部分の財源はすべて税とし、高額所得者に対する給付の一部ないし全部を制限する」と明記している。小沢氏は11日の党首討論会で「一体いくらから(制限が)始まるのか」(太田昭宏公明党代表)などと突っ込まれ「年収1200万円超の皆さんには遠慮してもらう。600万円前後からなだらかに(支給額をカットして)いく」と具体額を示した。同党事務局は「現役時代に最も高かった時点の年収」と説明する。
これに対し、安倍晋三首相は12日の討論番組で「現役世代で600万円以上ある方は基礎年金がカットされる。民主党は今までそんなことを一言も言ってなかった。サラリーマンの皆さんはそれでいいのか」と批判。
 
 
 
各論をいろんな角度からみないといけないのですが、気になる見出しだけで判断し投票してしまうというのもあるのでしょうね。
PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

149  148  147  146  145  144  143  142  141  140  139 
嘘つきの受ける罰は、人が信じてくれないというだけのことではなく、他の誰をも信じられなくなるということである(バーナード・ショウ) 空の袋はまっすぐ立たない(ベンジャミン・フランクリン)
忍者ブログ [PR]