忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中国が自衛隊受け入れを表明 日本側は慎重に検討 四川大地震(産経)
中国・四川大地震で中国政府が27日、日本政府に対し追加支援を要請し、その際に「自衛隊であっても構わない」として、自衛隊の受け入れを表明してきたことが28日分かった。複数の政府関係者が明らかにした。関係者によると、中国側は現地への支援物資を「北京などから被災地に飛行機で運んでほしい」と要請してきているという
 
 

空自機での支援物資輸送、中国の要請受け政府が検討中(読売)
防衛省関係者によると、中国政府の国防当局者が北京の日本大使館関係者に、「自衛隊のテントなどの被災者用物資を日本から北京や上海まで運んで来てほしい」と要請したという。
 
 

「日本から震災地への輸送」
の要請なのか?「北京や上海への輸送」の要請まのか?が現時点でははっきりとしません。この太字部分の違いは結構大事な所なんですが・・・。(他のメディアは「日本から中国に輸送」としか現時点では書いていません。)
 
 
現地まで来てくれと中国側が言ったのかは疑問です。
 
中共は現地(被災地)に入って欲しくないという気もしますし。仮に現地に入って欲しいということであれば、二次災害の心配もあり、民間機という話はおそらく出てきませんから。
 
 
日本としては輸送の要請に答える方向で話が進むと思いますが・・・、
 
 
さて、宗主国が中国である人。9条が大好きで、自衛隊が大嫌いな人はどう言うのでしょうか。
 
 
(本来、そんな輩は相手にもしたくないですが。)
 
 
外交としての中国の本音や駆け引きという面もありますが、答えは「輸送する」
 
 
これしかないと思います。
 
 
騒がす迅速に計画を進め、事故等のないように気をつけていただき、自衛隊に活躍して欲しいと思います。
 
 
このニュースに関しては、詳しい続報を待ちたいと思います。
 
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
船場吉兆が暖簾を下ろしました。
 
「廃業 自業自得や」 なじみ客も厳しい声 船場吉兆
 
 
先日の拙ブログ(http://cloudkimagure.blog.shinobi.jp/Entry/308/)で、吉兆について取り上げ、「あのおばちゃんに聞きたいです。吉兆を潰さないためには何が必要だと思いますかと。」書きました。
 
 
で、やはりこの結果になってしまったのかと思いました。
 
 
「わが商品(己)に誇りを持つこと肝要なり。されど、誇り得るもの極めて少なきを知るべし。」とも書きましたが、結局、暖簾を汚したまま、廃業してしまいました。
 
 
こちらは四川と違い、人災です。
 
 
普通の企業ならば業績・貢献等に対して椅子を用意してあげればいいと思います。船場吉兆の場合、上場企業でもなく一族の経営する商店。いわば私物です。
 
 
私物といっても、私は一族経営が悪いとは全く思いません。
 
 
「暖簾」や「先代・先祖」という他の一般企業と比して、厳しくかつそれ以上に素晴らしい「規律」の存在があります。私物の企業だからこそ、そこから厳しい倫理観が生まれるとも思うのです。
 
 
以前の記者会見でも、この女将さんは暖簾や創業者の湯木貞一さんをも貶めたと言っていましたし・・・、まだ分かっていないんとちゃうかと思っていました。湯木貞一さんは素晴らしいんです。
 
 
で、今日の会見では、「廃業に至った最大の原因は何だと思うか」という質問に対し、「暖簾にあぐらをかいていたと思います…」との答えでした。
 
 
それはそうかもしれません。普通は「信用・信頼に甘えて努力しなかった。やすきに流れた。」ほどの意味でしょうが、大阪商人の町だと暖簾というのは顔ですから・・・。
 
 
「(信用を培ってきた先人の)顔の上に座っていた」というほどの意味です。
 
 
ありえへん・・・。
 
 
例えは悪いですが、おのれの腹を痛めないと子どもは生まれないという「人間が誕生して以来の原理原則」すら知らんのです。
 
 
そして、おのれが商人で、そこが由緒ある吉兆、そんなことも分からんのかと。
 
 
・・・・・
 
 
そう考えると、あの船場吉兆のおばちゃんだけでなく、先人の顔の上に尻を乗せるような行為をしている人がまだ日本に多くいるんじゃないかなとも思います。
 
 
この女将さんを鼻で笑えませんね。
 
 
おのれが日本人で、ここが日本という国、ということすら分かっていないような大人がわんさかいるのですから。
 


 
追記(メモ) 5/29
昨日は見出し記事だけだったので新しいニュースをメモしておきます。
 
「援助隊と自衛隊は性格違う」=被災地への輸送機派遣で市民-中国
 
現場バタバタ「拙速」懸念も 中国に空自機派遣へ 首相「やってくれ」
 
援助物資輸送 空自機初めて中国へ 胡政権、対日強硬派封じ?
PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
自衛隊機による物資輸送には国防上の観点から絶対反対です。無線交信や、軍事機密がむこうにモニターされます。絶対やめてください。

対案として、B747ジャンボの貨物専用機を保有するJAL ANAに四川省成都まで空輸させるのです。ジャンボなら100トン積めますが、自衛隊機材は10トン以下かと記憶してます。成都には関空からも毎日旅客定期便が就航していますから問題ありません。

自衛隊機でやることの必然性が理解出来ません!
烏丸せっちゃん 2008/05/29(Thu)07:07:57 編集
Re:無題
近江謄写堂さんのおっしゃるように、情報の漏洩等については細心の注意は絶対に必要だと思います。

C-130(輸送量は最大20トンらしいので民間機と比べると非効率)を輸送に使う予定だというニュースが入りましたが(オペレーション上は最悪のタイミング)、これはイラクでも使われていますし、米軍も既に中国に入っていますので、そのような対応策は練られているのでは? (その意味でアメリカとの連携も必要)とも思って今回書きました。逆に考えれば中国を覗こうと思えばできるわけで(アメリカはやってそう)、そういったことも含め、日本側にとって全てが不利だとも思えないのですがどうでしょうか。

で、話はそれますが、社民党の対応(自衛隊による輸送反対)をみると党首が脇にいる人に発現の内容を「これでいいですか」というようなニュアンスで逐一確認していました。非常に戸惑っている様子が見えました。他のメディアを見ても己の意見をどう発信するか様子を見ているところが多いと感じました。

中国の一般市民(被災地にいない人間)からは反対の声が多いようです。「援助隊と自衛隊は性格が違う」「絶対に許さない」・・・・・・・「じゃ、行かないから」が一番いいですね。彼らの「われわれには強大な軍隊があるのに、自衛隊が必要なのか」という本末転倒だという声については、「考え方の経緯は違うが答えは同じ」という部分では理解できます。(付録:お隣韓国の領空通過の許可が必要なわけですが、許可は下りそうですが、日本が我が国の上空を飛ぶということに対して侮辱だとか言って怒りそうですね。「アメリカが北朝鮮を攻撃したら、韓国は日本を相手に戦う」という人もいる位ですから。)

上記では自衛隊機で輸送する際について書きましたが、

>対案として、B747ジャンボの貨物専用機を保有するJAL ANAに四川省成都
>まで空輸させるのです。ジャンボなら100トン積めますが、自衛隊機材は10
>トン以下かと記憶してます。成都には関空からも毎日旅客定期便が就航していま
>すから問題ありません。

なるほど。良く理解できました。自衛隊が北京に輸送してどうこうよりも問題点が少なく確かに話が早いですね。


失礼ながら、時間がなく、ざっと書いてしまいました。まとまりに欠けますので、ブログにあらためて書くか、専門的なことが聞きたいので飲みに行ってゆっくりお話しをしたいところです。色々考えないといけないことがありますね。もう少し推敲して、まとめたいと思います。
【2008/05/29 09:56】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

319  323  322  321  320  318  317  316  315  314  313 
ヒュンダイ(現代自動車)頑張れ(笑)。ついでにドコモも。 きっこの日記のガセネタで、本質が見えた?だからニューヒーローを探す旅に出るの巻
忍者ブログ [PR]