忍者ブログ
Cloud(クラウド)のきまぐれ日記
Cloud クラウドのブログ。日々の雑感・・・・・・・人,仕事,時事,金融,家族,ギャンブル,喜怒哀楽その他諸々。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お知らせです。
 
まず、本日。
 
 
南京の真実(スタッフブログより)
http://www.nankinnoshinjitsu.com/blog/2007/12/128.html
製作委員会からのお知らせ 12/8
 
<第一部撮影完了報告大会のご案内>
詳細が決定いたしましたので、ご報告申し上げます。
 
■映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」撮影完了報告大会■
 
日時:平成19年12月14日(金)
【昼の部】開演14時 (開場13時30分)
【夜の部】開演18時30分 (開場18時)
 
内容:
【昼の部】
●映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」特別予告編上映
●「キャストからのメッセージ」上映
●「元参戦兵士インタビュー」上映
●シンポジウム「南京問題と国際情報戦争」Part①
パネリスト(50音順敬称略)
佐藤 守(軍事評論家・元空将)
高森明勅(日本文化総合研究所代表)
冨澤繁信(日本「南京」学会理事)
東中野修道(亜細亜大学教授・日本「南京」学会会長)
宮崎正弘(作家・評論家)
渡部昇一(上智大学名誉教授)
司会:水島 総(日本文化チャンネル桜代表)
 
【夜の部】
●映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」特別予告編上映
●「キャストからのメッセージ」上映
●「元参戦兵士インタビュー」上映
●シンポジウム「南京問題と国際情報戦争」Part②
パネリスト(50音順敬称略)
田久保忠衛(杏林大学客員教授)
西部 邁(評論家)
西村幸祐(ジャーナリスト)
藤岡信勝(拓殖大学教授)
水間政憲(ジャーナリスト)
司会:水島 総(日本文化チャンネル桜代表)
 
場所:九段会館
東京都千代田区九段南1-6-5 電話03-3261-5521
http://www.kudankaikan.or.jp/access/index.html
 
※参加ご希望の方は、直接会場へお越し下さい。なお、恐縮でございますが、会場のお席の数には限りがございます。あらかじめご了承下さい。
 
 
 
 
 
そして!!
 
 
12/12放送のチャンネル桜「報道ワイド」で水島社長が、
 
『関西の完成試写会は来年(平成20年)2月9日の予定』
 
と発表されたと、河内屋蒼湖堂さんから速報ということで連絡がありました。
 
なぜか虹掲示板に書き込めなかったのでこちらで御礼申し上げます。
苦しい中、期待に応えて頂いたことに感謝します。
本当に楽しみです。良かった!
 
そして関東での試写会はこの日です!!
 
■映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」試写会■
日時:平成20年1月25日(金) 17時開場予定
場所:よみうりホール
東京都千代田区有楽町1-11-1読売会館7階
電話03-3231-0551
http://www.yomiuri-fudousan.co.jp/yomiuri-hall/syuuhennannnaizu.html

PR
慰安婦強制性否定の全面広告=日本の議員・言論人有志-米紙
戦時中の従軍慰安婦問題で、日本の超党派国会議員有志や言論人グループなどが14日付の米紙ワシントン・ポストに、慰安婦らが日本軍によって強制的に慰安婦にされたことを示す歴史文書は存在しないなどとする全面広告を出した。
この広告は「事実」と題され、平沼赳夫元経済産業相(無所属)、島村宜伸元農水相(自民)、河村たかし衆院議員(民主)ら超党派の議員グループのほか、政治評論家の屋山太郎氏やジャーナリストの桜井よしこ氏ら言論人が賛同者として名を
連ねている。
 
慰安婦問題で意見広告 米紙Wポストに桜井氏ら
<米主要紙の意見広告を通じた日本からの反論はこれが初めてだ。>
<ワシントン・ポスト紙(4月26日付)に掲載された「慰安婦の真実」と題する韓国系団体の意見広告を「事実にもとづくものではなく、信仰の所産と呼ぶべきだ」と
批判し、事実を示して米世論の理解を促している。
具体的には、(1)慰安婦の募集をめぐる「狭義の強制性」の否定(2)不当な募集
を行った業者の処罰(3)インドネシアでオランダ人女性を強制的に慰安婦とした
事件の処罰(4)元慰安婦らの証言に対する疑問(5)慰安婦の待遇-の5点を
「事実」として挙げた。>
 
 
国会議員 一覧(敬称略)
 
【自民党】
赤池誠章(比例:山梨1) 稲田朋美(福井1) 江藤拓(宮崎2)
大塚高司(京都8) 岡部英明(比例:茨城5) 小川友一(東京21)
鍵田忠兵衛(比例:奈良1) 亀岡偉民(福島1) 木原稔(比例:熊本1)
土井亨(宮城1) 戸井田徹(兵庫11) 平将明(東京4) 薗浦健太郎(千葉5)
鈴木馨祐(南関東比例) 杉田元司(比例:愛知14) 島村宜伸(東京16)
坂井学(神奈川5) 木挽司(兵庫6) 土井真樹(比例:愛知11) 西本勝子
(四国比例)
林潤(神奈川4) 古川禎久(宮城3) 松本文明(東京7) 松本洋平(東京19)
武藤容治(岐阜3) 中川義雄(参院北海道) 渡部篤(比例:福島4)
山本朋広(比例:京都2) 愛知和男(東京比例)

【民主党】
松木謙公(比例:北海道12) 笠浩史(比例:神奈川9) 牧義夫(愛知4)
吉田泉(比例:福島5) 河村たかし(愛知1) 石関貴史(比例:群馬2)
泉健太(京都3) 神風英男(比例:埼玉4) 松下新平(参院宮崎)
松原仁(比例:東京3) 北神圭朗(比例:京都4) 鷲尾英一郎(比例:新潟2)
田村謙治(比例:静岡4)

【無所属】
西村眞吾(比例:大阪17) 平沼赳夫(岡山3)
 
 
とりあえず保存しておけばいいかもしれませんね。
(ワシントンポストの新聞広告)
 
 
ようやく動き出しました。反撃開始でしょうか。
しかし、意見広告の段階ですし、単純に喜んでいいものかどうか、少し不安に思っているのも偽らざる気持ちです。
これからの行動が大切だと思います。
という訳で、まずはメモにとどめておきます。
「病原体の生体実験 毎日2~3人解剖」
731部隊元隊員証言
戦時中に中国大陸で、捕虜などに人体実験を重ねた旧日本陸軍731部隊の衛生兵だった三重県尾鷲市の大川福松さん(88)が8日、大阪市で開かれた国際シンポジウム「戦争と医の倫理」に出席、「毎日2~3体、
生きた人を解剖した」と証言した。当時の体験を人前で明かしたのは初
めてで、「不正なことは、社会に、はっきり示さなあかんと思うようになっ
たから」と語った。
大川さんは早稲田大で細菌学を学び、1941年に召集。44年8月から旧満州(現中国東北部)にあった関東軍防疫給水部本部(通称731部隊)の「ロ号棟」で、衛生伍長をしていたという。所属した班は、ペストやコレラ、梅毒などの病原体を人体に注射して感染の状態を調べたり、人為的に凍傷を作ったりしていた。最初は「大変な所に来た」と思ったが、次第に感覚がまひし、「そのうち、毎日2~3体解剖しないと仕事が終わらん気になっていった。多い時は1日5体を解剖した」と証言した。
子持ちの慰安婦を解剖したこともあった。「子どもが泣いている前で、母親が死んでいった。子どもは凍傷の実験台になった」と語った。
2007年4月9日  読売新聞)
 
 
 
中国の温家宝の来日前に反日勢力の捏造記事がまた一つ
(一部抜粋)
早稲田大学で細菌学を学べる学部は存在したことはなく、過去に医学部が存在したこともない。また、当時の制度では、大学生は27歳以上であれば召集されていた。 それ以下の年齢では免除。この徴兵免除制度は、戦線の拡大に伴い廃止される昭和18年(1943年)10月まで続く。
証言者と称するこの老人は、2007年で88歳だから、1919年生まれ。1941年に22歳で召集を受けたことになるが、それは制度上ありえない。また、梅毒等の粘膜感染、経口感染の病原体を直接体内に注射して
データを検証する行為は、実験上、まったく意味がなく、この老人の証言が嘘にまみれた証言であることは火を見るより明らかだ。動機は分から
ないが、この老人が晩節を汚したことだけは間違いない。
 
 
掲示板では、
衛生伍長なのに各班を股にかけて解剖しまくるってどんなエリートだよ
731部隊
第一部(部長:菊池斉/細菌研究)
第一課(チフス)
田部班(班長:田部井和/チフス研究)
第二課(コレラ)
湊班(班長:湊正男/コレラ研究)
第五課(ペスト)
高橋班(班長:高橋正彦/ペスト研究)
吉村班(班長:吉村寿人/凍傷研究)
 
 
 
読売の記事を受けて産経は、

読売の唐突な731部隊報道は何を狙っているのか?
参加国や参加者もある意味豪華です。
大体の流れは読めるのではないでしょうか。
 

あとは、「国際シンポジウム戦争と医の倫理」で検索
すると、しんぶん 赤旗
 
も上位に引っかかる訳です。メモ。



宮脇磊介(みやわき・らいすけ)という人がいます。
中国の
現状を非常に分かりやすく書いてあると
思います。ベースと
して知っておくと、
政治や経済のヒントになるかもしれませんね。
つづきはこちら
一週間ずっと考えていました。
マスコミの背信行為については草の根の有志が追求するとおりである。


手を出して握手を求められている。

まず、はっきり返事をしないといけない。
 
 

スクープ! マスコミがひた隠す、
マンモハン・シン・インド首相の親日マル秘?演説原稿
つづきはこちら
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 DSLR-A900]
[11/13 SLT-A77]
[01/06 後輩]
[01/02 久代千代太郎]
[01/02 和食健康]
プロフィール
HN:
Cloud(クラウド)
性別:
男性
職業:
(今のところ)直接金融業
自己紹介:
我が拳は我流  我流は無型
無型ゆえに誰にも読めぬ
我が拳は邪拳ゆえ種明かしは一回きりよ
私の心持ちの一部です。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

1  2  3  4 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]